忍者ブログ

                                          堕天使のコロッセオ

<< | 2017/06 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 | >>

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

第4回GTカーニバル ボクシング観戦二回目

 ジムのボクシングコーチ、ジョベンさんの試合を見に行ってきました。

http://www.green-tsuda.com/blog/index.php?e=158

 ジョベンさんは見事KO勝利、それを挟んで所属のグリーンツダジムの選手は3連続KO勝利。先日、滝に落ちて亡くなられた同門の小松選手(前回タイ人に1RKOされて会場を凍り付かせた選手でもありますが……)に捧げる勝利ですな。

 これが前回の記事。

 人気blogランキング参加しています。
 よろしければ御協力下さい。
 そして、残るはセミとメイン……。ここで沖縄の野人と異名を取る21戦16勝(12KO)1敗4引分のハードパンチャー竜宮城(これでリュウ・ミヤギと読むんですよ)選手が登場。1敗は先日K-1MAXにも参戦した渡辺一久。
 しかし、物凄い胸毛と背毛で風格を漂わせた竜宮城選手、足を止めての至近距離でのフックの打ち合いで、まるで戦車のようなカルロ・マガレ選手のボディからの顔面フックに打ち負け、2ラウンドで壮絶TKO負け!
 大喜びのマガレ、場内、シ〜ン……。え? これ現実? みたいな……。
 今回の相手は無名のフィリピン人選手。京都のジムに移籍し、1年半ぶりの復帰戦ながら、セミということでその戦績も加味してKOを期待された試合……だったと思うんですよね。ところが、それを出稼ぎでやってきたノープレッシャーの無名選手が粉々に打ち砕いてしまう……。
 いや〜まさにリアルKYだね(笑)。フィリピン人空気読めよ的な雰囲気ですが、これが格闘技、これがボクシングですわね……なんか前にもこんなことを書いたような気がするなあ……。

 まあ今日はまだメインが残っている。
 メインに登場するのは、同じくグリーンツダジムの青木選手、ただいま4連続KO勝利中。入場前に異様に時間を取ったのは、ジムのみんなで入場のコールをするためだったのですな。長々と時間をかけた入場、手には亡くなった小松選手のパネル……。不慮の死を遂げた盟友に、今回もKO勝利を捧げる! 全身タトゥーの肉体と面構えから、並々ならぬ気合いが伺われる。
 相手は、ジョベンさんと村井選手にKOされたのと同じく、シットサイトーンジムの選手。はっきり言ってしまうと僕は、「同じジムの選手が3人ともKOされて帰ることになるのか。いったいどんな気分なんだろうな?」と戦前は思っていた……。
 ガード低めでトリッキーな動きで接近戦を仕掛ける青木選手。相手のシンデット・シットサイトーン選手は、ほとんどステップを使わず、正面から相手を見据えてワンツー……ほぼワンツーのみ! ……これほんとにボクサー? 蹴り封印したムエタイ選手じゃねえの? しかし、良く見て狙ってるからかジャブが時折青木選手の顎を跳ね上げる。
 1ラウンドは互角の展開で、迎えた2ラウンド。ペースを上げた青木選手に対し、シンデットはまったく表情を変えず淡々とワンツーを狙い続ける……。至近距離でのボディワークをほとんど無視するかのように突き続けたワンツーが、コーナーでの身体の入れ替え際でついに直撃! 青木選手はバッタリと大の字! 辛うじて立ち上がるが、シンデットはここでワンツーを捨て、TKO呼び込むだけが狙いののフォーム無茶苦茶なフック連打!
 滅多打ちにされた青木を抱きかかえたレフェリーが手を挙げて、ゴングがカンカンカ〜ンと鳴って……大喜びのシンデット、場内、シ~ン……。え? これ現実? みたいな……。
 今回の相手は無名のタイ人。盟友の不慮の死から2ヶ月足らず、彼のためにも意気消沈したジムのためにも、どうしても勝利が欲しかった、KOを期待された試合……だったと思うんですよね。ところが、それを出稼ぎでやってきたノープレッシャーの無名選手が粉々に打ち砕いてしまう……。
 いや~、まさにリアルKYだね(笑)。タイ人空気読めよ的な雰囲気ですが、これが格闘技、これがボクシングですわね……なんか前にも(以下略)。

 場内は「青木何やってんねん……」「こんなこともあるんや……」と消沈した空気。「こんなこともあるんや……」と言ってた女性は、これを二度繰り返してたのが印象的でした……。
 いや〜、まさか二大会連続でメインの大番狂わせを見られるとは、まさにグリーンツダ興行に外れなしですな。昼間はパッキャオがハーンズを粉砕しましたが、個人的にはこれにも劣らぬ衝撃で……(笑)。あまりに……あまりにガチすぎる……。非情……だね……。

 人気blogランキング参加しています。
 よろしければ御協力下さい。

拍手[0回]

PR
無題
う~ん、ボクシングは非情ですな~。しかしタイ選手・・・勝っちゃったもう呼ばれないのに・・・。ラムソンクラームを見習いなさいw。まあやり過ぎると招聘禁止になっちゃうけどw。

パッキャオvsハットンはやばすぎですな。パッキャオ、アジアの英雄だけではなく、歴代ボクシングの英雄の一人と化してる。格好良すぎるw。このままメイウェザーを喰っちゃえ。
しっかしスーパーライトの最強の一人を2RKOするフィリピン人て・・・このままウェルターもいけるかな。

Commented on 2009/05/04 Monday 13:17:41

by モー | コメント編集

>モーさん
勝っちゃったタイ選手、前戦は長崎かどっかで8ラウンド判定負けだったんですよね〜。メインということでそんなにひどくないほどほどの相手を選んだつもり……だったんでしょうけど、まさかの激勝で……(笑)。確かにこう迂闊に勝っちゃわれると「使えなく」なりますよね〜w
あ、でもセミのフィリピン人は結構強かったかもです。

パッキャオは凄過ぎましたね〜。
左も右もえげつない威力で……度肝を抜かれるパンチでした。もはやこれで伝説ですね〜。さらなるビッグマッチに期待してます。

Responsed on 2009/05/07 Thursday 23:17:27

by ルシフ@管理者

無題
おひさっ~す。ネタがないのか停止気味ですね~w。実際まったくといっていいほど大会がないのだけど・・・。

我らがタイロンがまたまた負けてしまたいましたね~・・・、まあ実はカーネッジが勝ったせいで気分はいいんですがw。凄くレベルが高い試合でした。1Rは互角、2Rでタイロンの獣のようなしなやかさでカーネッジを圧倒・・・と思ったら3R、今度はタイロンのテンカオのパターンを読んだカーネッジが芸術的なカウンターフック、大の字。大逆転でした。まあその後ノーコンになってしまいましたがw、まあでもあれはカーネッジの勝ちでしたね。
しかし負けたとはいえタイロンの高打点のカウンターテンカオ、跳び膝はやばい・・・オーソドックスからいきなりあれじゃ反応できないわ。
カーネッジは相変わらずガードが下がるのと、ボディフックで空振りするクセは残ってますが、あのタイロン相手に技術で張り合えるのは凄いですね~。肘ありだったらもっと圧倒できたかも。
いいもん見ましたw。

期待してなかったポーランド大会にもなかなかの逸材が。
や~ルシェンコ、まんまキシェンコだな~とw。ボディブローの打ち方なんてそのまんまですたい。キシェンコがパンチ寄りで若干バランス崩すのに対して、ルシェンコは蹴りの選手から始まったせいか、バランスが崩れにくく、パンチの上手いスロウィンみたいな感じでした。この選手体もでかいし、若いしこれからあがってくるんじゃないでしょうか。
そしてついにサメドフが・・・開幕戦に・・・クル~!!!!
相変わらず当て感は凄くてもモーション大きくて、渾身の力で打っても軽いので踏ん張られると倒せないサメドフたんですが、昔に比べて突っ込むだけでない、対角線コンボ等も使いこなし始めてるのでなかなかよろし。もう少し重くして、細かいフェイントを使えれば倒せるようになりそうなんだけど・・・。

われらがイギーはもうダメポ・・・。ボクシングしか練習してないんじゃ・・・。チャクリキへ行ってくれ・・・。

Commented on 2009/07/02 Thursday 19:44:19

by mo | コメント編集

>moさん
ども〜。
まあカード決定とか、逮捕とか(笑)、ネタがないわけじゃないですが、正直どうでもいいというか……w
でも、明日はDEEP KICKの旗揚げ大会見に行ったりとか、ちょこちょこ格闘技活動はしてますよ。

タイロンはフィニッシュシーンしか見てないんですよ〜。ノーコンとだけ聞いてたのでゴング後のパンチかと勝手に思ってたんですが、まさかの完全KOで(笑)。あのもたついたレフェリングはいただけなかったですね〜。
でもタイロン、2Rは勝ってたんですか。なおさら凄いですね。また見てみます。

フジネクスト入って、昨日ポーランドも見ましたよ〜。
ルシェンコのパンチのフォームがキシェンコそっくりでしたね! 空振りのとこでダブって見えましたから……。キシェンコにない回転がいいですね。リーチないですけど、なんかでカバーできるかな?
サメドフはコンビネーション冴えてましたね〜。でもなんとなく、初弾のモーションが大きくて相手にブロックさせるからあれだけつながる、当たるような気もします。ノーモーションとかコンパクトに打ったら、気にせんと振り回してくる相手に相打ち食らわされそうな……。
でも開幕戦は楽しみですよ。誰と当たるかな? 前田あたりか……。

我らがイグさんは惨敗でしたね。ダウンシーンは何回も見てしまいました。いや〜、でもあの切れ切れの左ボディはどこへ消えたのか……。そしてあの打たん方がマシの力ない左アッパーはいったい……。
右ミドルが二発やそこらできっちり効いてただけに、やっぱ蹴りですね。
ま〜チャクリキでもボスジムでもマイクスでもGGでもどこでもいいんで、大手でしごかれてほしいですが‥‥…。バダ・ハリとかマヌーフのノリについていけないイギーとか見たいですね(すでに興味が試合外)。

Responsed on 2009/07/04 Saturday 18:23:43

by ルシフ@管理者

無題
サメドフはストレートから細かく入りつつ、隙を見て強振するスタイルに返ればもう少しKO率も上がるんじゃないですかね。瞬発力を活かしつつ、細かい技はフラッシュ目的な感じで。前田の地味さに、サメドフの強振スタイルが合体できれば・・・。
もしくは増量して破壊力を増すかですかね~。105㎏くらいまでビルドアップできればw。スピードの低下は持ち前の防御力でカバーする感じで。

Commented on 2009/07/04 Saturday 19:11:14

by mo  | コメント編集

>moさん
いや〜あのスイングで当たってるのに倒れてくれないシーンって、なんか痛々しいですからね。
でも、今回のコンビネーションの多彩さで、結構幻惑できるぐらいの手数になってきましたし、あとはもうちょっと一発が上がれば倒せますよね。
増量はちょっとリスキーかな〜? 防御もまだクリンチに頼ってますし、判定負けが増えそうな。

Responsed on 2009/07/06 Monday 21:32:53

by ルシフ@管理者

無題
イグナショフなんですがどうもキャプテンオデッサ(ルシェンコ、キシェンコ、ナコネチ、ネレドバ)に所属するかもって話が出てるみたいなんです。フリー続けるよりかは何倍もマシなんでしょうがいっそのことチヌックでしごかれて欲しいとか思ったり・・・。

K-1ボスニアの結果載せたんですがビッグネームが少ないのと順当勝ちが多かったのが理由なのか反響は少ないですね(笑)
ポーツラックは地味に頑張ってるのに本選に一切絡めなかったり報われないなあ。

Commented on 2009/07/04 Saturday 22:08:03

by Blacksniper | コメント編集

>Blacksniperさん
おおお〜オデッサ!
それはナイスアイディアじゃないですかね〜。キシェンコの毎度の仕上がり見てると、よだれが出ますよ。イグさんのフィジカルも鍛え直してあげてください!
チヌックはトレーナーが一緒に魚釣りして遊んでたんで(古い話を……)もういいでしょう(笑)。

ボスニアは順当でしたね〜。レコさんやモロサヌでも、そんな勝率良くないとは言えやっぱり負けたら事件ですからね〜。

Responsed on 2009/07/06 Monday 21:35:48

by ルシフ@管理者

無題
ついにGPの予定が発表されましたね。
澤屋敷が引退危機とか微妙なタイミングで重大ななこと言う谷Pにどん引きですよw。
しかし、日本予選は消滅、日本人は若手だけといううれしい結末も。
さらに最終予選は無名だらけの可能性大とい素晴らしき状態。これぞK-1w。
まあ本来はこれが一番楽しいんですけどね。むかししょっちゅう無名出してて、当たりが出ると興奮したもんです。
視聴率は取れないだろうけど、逆に古参のファンは見に行きたくなるんじゃないですかね。

で最終予選のメンバーは見事に無名、マニアは知ってて当たり前な選手のオンパレード。
ここで一番気になったのはみんな若い上にでかい・・・。
ほとんど190超。110㎏級もチラホラと。
ここんとこ静かだったラマザンとロバーツと地味強シオバヌがメンバーに入ってるとは思わなかった。

なんかもっと早く若手の育成やっておくべきだったのに、やっとこさ重い腰上げたって感じがしますw。

Commented on 2009/07/11 Saturday 16:44:48

by mo | コメント編集

>moさん
最終予選の組み合わせも出ましたね!
マニア垂涎……まあマヌーフはもういいですけどw

ま〜しかし、こういう面子がトーナメントで潰し合ってしまう、というのは本来もったいないような気もするんですが。全員ベスト16級に当てても、誰か二人ぐらいは勝ちそうだしw
でも今年は大会数少なくて、スーパーファイトがなかったですからね(笑)。

澤屋敷引退危機はちょっと残念ですね〜。
アーツ戦の後、負け過ぎましたが、何が悪かったのか。
モロサヌ戦とかはまあしようがなかったと思いますけど、今年のグラウベ戦なんかは死ねと言ってるようなもんで、少々後味が悪かったです。それもリアリズムですが。
まあ、もうちょっと日本人選手同士で当てて、「日本最強」を確立させる方向に持っていった方が良かったんじゃないかとか思います。かつての武蔵のように……。

Responsed on 2009/07/19 Sunday 20:05:47

by ルシフ@管理者

無題
ほほほ、制裁完了w。まあそんなことはどうでもええですが、ブアタン余裕で勝ってるとこが笑えましたw。

キッドはまあもともと技術がある選手じゃないので、相手をちゃんと選べば良かったのに・・・。完璧に見られて打ち抜かれてたし。番狂わせでも何でもないような・・・。まあそんなに強い選手にも見えなかったですが、キックボクサー化してしまったキッドには荷が重かったかな・・・。

キシェンコ、サワーは実力が拮抗しすぎてて微妙でしたw。強すぎるのも問題かな~。全然ガード下がらないし。隙の欠片もありゃしないw。

川尻は思ってたほど打撃ができなかったですね。カルバン程度に打てるかなと思ってましたが身体もなんかずんぐりしてて重そうで、実際遅かったけど・・・。マロンのとこにいるんだからボクサーかキックボクサーみたいな戦い方できるかと思ってたんだったけどな~。そっちのほうが魔裟斗としてもやりやすかっただろうに。しかし、ああいう身体で出てこられると、MMAと違い逆に弱く見える・・・。キックに必要な動きができなくなるからかな?
これまた実際ステップやコンパクトパンチも打てなかったわけですが。
また魔裟斗もなんか固かったですね。ローの踏み込みも、落ち着いた打ち分けもみれなかったし。なんか一歩踏み込むことに躊躇してた感じ。ローをキャッチしてのカウンターを警戒してたのかな。カラコダ戦みたいに、手を前に出して捌きながら戦えばもっと楽につぶせたと思うんですけどね~。

Commented on 2009/07/13 Monday 23:33:17

by mo | コメント編集

>moさん
コメントはやっ! 感想は現在執筆中です。先のコメントについてもちょっとお待ち下さいw

ブアカーオは簡単に勝ち過ぎて放送なしとはw まあ完全版が楽しみです。

ジェヒ、割といい選手でしたね。綺麗なアッパーとフックで……。相手選びに失敗というのは同感です。総合の選手はもうちょっと作戦立てていかんと無理ですね……。

キシェンコとサワーの固さはおかしいですねw キシェンコは3ラウンドに攻め急いだ感じですが、それがなければまたわかんない微妙な内容で……。次やったらまたわからないですが、確かにもういいかな、という気がします。

川尻は左フックとカウンターの右合わせるの相当練習してきた感じですけど、ハンドスピードが話にならなかったですね。で、見切られたら後は振り回すしかなくて……。
タオル投入もそうですけど、身体作り替えてまでK-1対応は全然考えてなかったってことでしょうね。DREAMに差し支えると困ると言う感じで……まあそれで勝とうというのは図々しかったということで。マロンは鈴木悟という大失敗作も送り出してますし、まだまだK-1ルールへの対応は無理ということでしょう。
魔裟斗さんは最初にあまりに綺麗に右ストレートが入ったので、「これ狙うのが安全」と、ちょっと狙い過ぎたんじゃないですかね〜。後半はすべての技が当たり出したのでちょっと引きましたが……。

Responsed on 2009/07/13 Monday 23:59:32

by ルシフ@管理者

この記事にコメントする







  Vodafone絵文字入力用パレット表示ボタン i-mode絵文字入力用パレット表示ボタン Ezweb絵文字入力用パレット表示ボタン

この記事へのトラックバック




リラックマ
明日はきっと晴れますよ
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カウンター
最新コメント
[01/13 銀玉]
[01/13 ゆずマシュマロ]
[12/28 サムグレ子]
[12/28 ゆずマシュマロ]
[12/27 887-8798]
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析

AdminControlMenu: AdminMenu | NewEntry | EditComment | EditTrackback

忍者ブログ [PR]