忍者ブログ

                                          堕天使のコロッセオ

<< | 2018/05 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 | >>

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

立ち技 過去ログ

RISE DOAトーナメント2007を見たよ。

MAX日本予選の前哨戦、最後の山場。
毎回、結構面白いんだけど、放送遅いんだよな〜。ようやく見られました。

http://www.boutreview.com/data/reports05/071216rise.html

http://gbring.com/sokuho/result/result2007_12/1216_rise.htm

曲がりなりにもRISE生え抜きVS他団体からの挑戦者、という図式があった昨年までに対し、今回はRISEを主戦場とする選手がズラリ。自分とこのリングで活躍した選手を大事にする、という意味ではいいが、年末のRISEの看板イベントとしては、物足りない感もある。K-1の予選化が進む現状を踏まえ、よその選手に踏み台にされるぐらいならば自分とこから、という意図が……なんて見方は穿ち過ぎか?
7試合中6試合がKOと、非常に派手な内容になった。一回戦を勝ち抜いた四人の身体能力と攻撃力の高さ、勝利への意志は見るべきものがある。ただ、やはり優勝した龍二が、ディフェンスに関しては頭一つ二つ抜けていた感じ。組み膝やローキックへの対処などをきっちりやっていて、削り合いとなった二回戦以降もタフさが生きる結果になった。池井の身体能力や、拳士を嬲り殺しにした日菜太の蹴りなど、個々のポテンシャルでは上回る部分もあったはずの選手が勝てなかったのは、経験に裏打ちされた防御技術の差か。

世界最速のストライキングスポーツと力み返った割には、みんな荒いし二試合目以降は切れもないし、色々と課題も見える内容だったが、素質ある選手たちのスピリットは輝き、実際の中身を何割増も美しくかっこよく見せていた。
龍二は陽性のキャラクターで、なかなか良い感じ。HAYATO戦が楽しみだ。

拍手[1回]

PR
リラックマ
明日はきっと晴れますよ
カレンダー
04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カウンター
最新コメント
[01/13 銀玉]
[01/13 ゆずマシュマロ]
[12/28 サムグレ子]
[12/28 ゆずマシュマロ]
[12/27 887-8798]
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析

AdminControlMenu: AdminMenu | NewEntry | EditComment | EditTrackback

忍者ブログ [PR]