忍者ブログ

                                          堕天使のコロッセオ

<< | 2017/11 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 | >>

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

いよいよK-163キロもスタート

 始まりますな〜。皆さん、PPVの事前申し込みも始まってますよ!

 キックですでに対抗戦が盛んになってしまって、正直1年遅かったな〜という気がしないでもない。しかし逆に、そのキックの対抗戦も、まずは最初の勝敗が出ただけという状況。今現在そんなに盛り上がってるかというとそうでもないので、K-1がこれを盛り上げるんだ!という気概で行ってほしいものである。

 ここ2年ぐらい、やるやると言って実現してこなかったわけだが、その間にキック界が代表選手を送り込むような体勢が整ったということもある。かつてのPRIDE全盛時代、立ち上げすぐの武士道が、小プロモーションの有力選手を引き抜きまくったわけだが、そういうことをせずとも円満に選手が集まった。それだけの資金力、勢いがないということでもあるが、どのみちキック団体もなくては成立しないイベントなのだ。こちらの方が正しいだろう。

 あ〜、ところで試合数も増えてしまい、まったく存在意義のない城戸の試合が可哀想だ。もちろん意味はあるんですけどね、契約数の消化と言う……。そして、この契約消化で、リザーブ他で呼ばれる可能性もぐっと減ったということだ……。


<-63kg Japan Tournament 1st Round K-1ルール 3分3R延長1R>
大月晴明(日本/フリー/WPKC世界ムエタイライト級王者)
松本芳道(日本/八景ジム/新日本キックボクシング協会ライト級王者)

<-63kg Japan Tournament 1st Round K-1ルール 3分3R延長1R>
上松大輔(日本/チームドラゴン/ISKA世界ライト級王者)
チョン・ジェヒ(韓国/プサン テサン・ジム/韓国ムエタイジュニアライト級王者)

<-63kg Japan Tournament 1st Round K-1ルール 3分3R延長1R>
石川直生(日本/青春塾/第2代全日本キックボクシング連盟スーパー・フェザー級王者)
渡辺理想(日本/極真会館/第24回全日本ウェイト制中量級準優勝)

<-63kg Japan Tournament 1st Round K-1ルール 3分3R延長1R>
“狂拳”竹内裕二(日本/菅原道場/WMAF世界スーパー・フェザー級王者、MA日本スーパー・フェザー級王者)
裕樹(日本/リアルディール/初代RISE60キロ級王者)

<-63kg Japan Tournament 1st Round K-1ルール 3分3R延長1R>
久保優太(日本/アンリミテッドジム/Krushライト級GP2009準優勝、元WPMO世界スーパー・フェザー級王者、元NJKFフェザー級王者)
DJ.taiki(日本/フリー)

<-63kg Japan Tournament 1st Round K-1ルール 3分3R延長1R>
山本真弘(日本/藤原ジム/第22代全日本キックボクシング連盟フェザー級王者、IKUSA-U60GP優勝、全日本キックボクシング連盟Kick Returnトーナメント優勝、Krushライト級GP2009優勝)
大和哲也(日本/大和ジム/元NJKFライト級王者、WMCインターコンチネンタルライト級王者、WBCムエタイルール日本ライト級王者)

<-63kg Japan Tournament 1st Round K-1ルール 3分3R延長1R>
尾崎圭司(日本/チームドラゴン/K-1MAX2007日本トーナメント第3位、RISE DoAトーナメント2006王者)
小宮山工介(日本/北斗会館/2007年KAMINARIMON CLIMAX 60キロ級優勝、RISING ROOKIES CUP 60キロ級優勝)

<-63kg Japan Tournament 1st Round K-1ルール 3分3R延長1R>
大石駿介(日本/OISHI GYM/J-NETWORKスーパー・ライト級1位)
卜部功也(日本/チームドラゴン/K-1甲子園2008準優勝)

<-63kg Japan Tournament 1st Round K-1ルール 3分3R延長1R>
才賀紀左衛門(日本/大誠塾)
ファイヤー原田(日本/J-NETWORKライト級2位、2003年全日本新空手K-2軽中量級王者)

<-63kg Japan Tournament 1st Round K-1ルール 3分3R延長1R>
卜部弘嵩(日本/チームドラゴン/2007年全日本新空手K-2軽中量級王者)
谷山俊樹(日本/谷山ジム)

<-63kg Japan Tournament 1st Round K-1ルール 3分3R延長1R>
嶋田翔太(日本/島田塾/K-1甲子園2009準優勝、K-1甲子園2008第3位、新空手K-2トーナメント軽中量級優勝)
麻原将平(日本/シルバーアックス/2008年RISE KAMINARIMON 60キロトーナメント優勝)

 人気blogランキング参加しています。
 よろしければ御協力下さい。

 ざっとメンバーを観ると、思いのほかキック系に偏ったな、という印象。個人的には、HIROYAと渡辺、もう一人くらい総合の選手も加えて、もっと「カオス」な雰囲気が欲しかったところ。60キロ以下はほとんど山本真弘に蹴散らされているわけで、未対決な選手以外は幻想が無い。

 石川なんかも、去年あたりから急にアピール上手になったな、という印象だが、実質は山本にまったく歯が立たず、ここ3年は「年に一回KOされている」選手。今回もメインイベントを要求するなど口は達者だが、今現在の地位でもいいとこ三番手。まあ上松には勝っているし、キャリアもあるが、そろそろ若い選手の踏み台になるべきだろう。こういうビッグマウスの選手が壮絶に散った方が盛り上がる。

 しかし「本命」山本も、確かに戦績こそ圧倒的だが、久保戦、板橋戦と苦戦が続き、フィジカルも含め少々研究されてきた感あり。そこをねじ伏せて来た底力もあるだけに、恐ろしい選手だ。が、一番手なのは間違いないが、一番手が勝てないのもK-1だからな……。今回は無難に勝っても、決勝ラウンドはすんなりいかないように思う。

 あとからカード決定の大月が、ベテラン対決になってしまったこのくじ運、吉と出るか凶と出るか? 新日本キックも、「松本哉朗って、もっと上の階級じゃなかったっけ?」とオレに思わせた(笑)、最近なったばかりの知名度低い王者をここぞとばかりに送り込んで来た。対抗戦に目を背け「鎖国」を続ける新日本キック勢の実力やいかに。

 上松も、K-1からのプッシュを活かし切れずに低迷中。石川、前田尚紀に完敗し、プッシュが実力相応なものではなかったことを露呈。KID、渡辺を飲み込んで来た「人気者キラー」ジェヒの前に、後が無い戦いを強いられる。何かこの選手、プラン通りに試合を進める技術とクレバーさはあるが、そこを押し切られた時、決め切れなかった時の引き出しに欠けるよね。なんか、チードラの選手ってみんなそんな感じだが……。勝ちパターンではズルズルと判定に、負けパターンではのされてしまう、局面を一発で持ってくだけのインパクトが無い。顔だけではスターになれない……

 代わってプッシュされつつあるのが小宮山か。先の査定戦では、口だけのオッサンになってた村浜に何もさせず圧勝。あれぐらいのつかみは流した方がKO増えるよね。出入りで幻惑し、多彩な蹴りを正確に当てて一発で効かせてくる。パンチへの流れもまずまずスムーズだし、何度もウエイトを変えていまいち動けてない尾崎にも圧勝するんじゃないかな。
 その尾崎、「足技のルーツはテコンドーにあって、それを空手が真似したものだ」という、ネトウヨが発狂しそうな台詞で挑発。しかし、もうピークは過ぎた印象だし、K-1の文脈では、70キロで挫折し一度終わった選手。こういう選手に勝たせてはいけないところだ。

 リベンジマッチになった竹内VS裕樹は、唯一もったいない印象のカード。バラした方が見たかったのだが……。
 前戦はパンチで食い下がる竹内を、裕樹がキラーローでズタズタにして勝利。ただ、延長での決着でもあったし、効果的なパンチをまとめれば、竹内が逃げ切ってしまう可能性も充分あり得るか。

 久保とDJも同じくちょっともったいない……DJにとってはほとんど制裁マッチか、というぐらいに、いやらしく完成度の高い久保。逆にDJはそのキック的いやらしさを打ち砕くような、総合選手らしいノンセオリーの戦い方を強いられることになる。その辺りをクリアしなければ、ファイナル8に進んでも仕方ないということか……。逆に久保の方も、DJが渡辺を完封したようなことをやってのけても、次に進めない可能性がある。そこらへんがどう影響するかに注目。

 甲子園トリオプラスワン(嶋田、才賀、卜部兄弟)は、とりあえず実力相応の相手と激突か。一人ぐらい試しにビッグネームとやらせても面白かったと思うが……。HIROYAが足踏みする中、一気にスターダムをかっさらうチャンス。キザエモンVSファイヤーなど、実に谷Pらしいカオスなカードだ。
 しかし、相手の知名度がない分、内容を問われるということでもあり、結構ハードルは高くなったような……。

 11試合! Krushで組まれるかもしれない査定戦と合わせ、これはかなり絞られることになりそうだ。ベスト8に、予想もつかないような面子が集まる事を期待したい。本来なら、二年かけるなら70キロも16人からスタートしてもいいぐらいだろう。キック界の序列を打ち破らなければ、K-1がK-1である意味は何もない。

 来たれ、混沌の時代よ! 

 人気blogランキング参加しています。
 よろしければ御協力下さい。

拍手[8回]

PR
無題
この階級トップクラスの大和、これと相対するPFP真弘・・・うほ○○もんじゃー!!!

しかし本当に選手が簡単に集まりますな・・・しかも引き抜き無しで。
やはり団体も選手も虎視眈々と狙ってますな~w。

個人的にはやっぱ、最強真弘と適正実力者の大和、裕樹、久保あたりがかなり優位で、そこに凶拳や石川がどう相対していくかって感じですかね。大月は適正だけどイマイチ現在の実力が判断しづらい・・・。松本についてはヘビーの人ならともかくこの人は知らんですw。尾崎はこの前体重あげて調子よさげですが果たして・・・。

しかし韓国人出すなら、チビンさんだせや、減量させろやw。ついでにタイ人だせやw・・・フェザー級くらいの選手でいいから・・・ポンサネーとかオススメ。http://www.youtube.com/watch?v=oDo_gybkKMA&feature=related
いや~見事に蹴らねえな。

Commented on 2010/04/15 Thursday 20:12:21

by mo | コメント編集

>moさん
いや〜大和はこないだ神の雷を下されたのばかり印象に残ってて、忘れてました。でもこのカードは熱いですね〜。
裕樹がローで薙ぎ倒す試合が見たいんで、狂拳には勝って欲しいかな〜。久保も初戦倒しさえすれば、かなり行きそうですね。
あ〜松本知りませんか。僕も初めて聞いたので……。ヘビーの人も、昔ラドウィックにぼこられたりしてましたっけ。そんな体重だったのか……。
尾崎、こないだも動き自体は軽かったですが、あまり強さは感じなかったんですよね。今なら小宮山かなあ、と。

動画見ました! なかなかいいですね、特にボディが……(笑)。で、決着がローというのもいい!

Responsed on 2010/04/17 Saturday 19:39:28

by ルシフ@管理者

無題
自分は卜部選手(弟)にはそこそこ期待してます。
案外3キロの壁で山本選手が苦戦するかも・・・。
なんだかんだいって面白そうですね。

Commented on 2010/04/16 Friday 19:20:29

by joachim | コメント編集

>joachimさん
お、卜部プッシュですか〜。どんだけ成長してますかね。
やっぱり山本も未知の領域ですから、ちょっと苦しくなってくるかもですね。
そう、僕もあまり期待してなかったんですが、色々書いてるうちに楽しみになってきました。盛り上がっていきましょう!

Responsed on 2010/04/17 Saturday 19:41:11

by ルシフ@管理者

無題
スレが全然違うけどご容赦w。

青木の試合見ました。2R前半あたりからもう勝てね~なと・・・。青木の特性を潰す金網、得意技のペダラータ禁止、足封じ対策+パウンド全部が重なって無理という判断に・・・。まあ早い段階なら上を取りに行って勝てる要素もあったでしょうが、思いついたのは後半・・・時すでに遅し。あんな状態でタックル切りが完璧なメレは倒せない。青木のガードもラバーも金網で圧殺、足は殺され、連携技の根幹たる蹴り上げが使えないので崩しようがない・・・。
やっぱルールとリングが変わるとそれに特化した選手は勝てないですね。
まあメレを応援してたので全然いいんですがw。しかしこうなるとより適正のありそうな川尻やカルバンの金網も見たいなと欲が出てくる。

ダンとシールズの試合は相性最悪かなと1Rは思いましたが・・・ダンは年でした。しかしシールズねっちっこいのはいいけどパンチ力が・・・。
個人的にはUFCの反逆者がUFC行きを計画してるシールズを潰してくれたらな~と思ってましたが・・・w。
試合自体は4Rで飽きてこっち見ちゃったw→http://www.youtube.com/watch?v=RxcxKJFsb2w
こっちのほうがおもしろかったっすw。

Commented on 2010/04/18 Sunday 13:02:39

by mo | コメント編集

>moさん
いや〜、これは記事にする予定ないんでw 何の話題でもスレ違い歓迎です。
でも距離遠かったですね〜。猪木アリからメレンデスが膝突いて飛び込むってのも驚きで……。でも青木もカウンターのタックルが全然なかったですね。距離遠かったのと、気持ち的にも余裕がなかったせいでしょうか。ラバーが金網に「ひょい」と持ってかれたのも驚愕。あれは何もできん。終わってみたら、ディアス兄貴のインタビュー通りでしたね。

いや〜、ムエタイって最高ですね(笑)。
相手の選手も結構強いと思うんですけど、神の前には無力! キャッチからのパンチで顎先捉えるって、簡単そうに見えてすごいですよね〜。勝利後の踊りの腕の動きだけでご飯三杯いけそうですw

Responsed on 2010/04/18 Sunday 23:40:10

by ルシフ@管理者

無題
青木選手カウンターのタックルはしてましたけど、つぶされてましたね。懐が深い。
メレンデス選手にせよ、最近のアメリカ主戦場のファイターは特に下半身強そうですね。


乱闘が一番面白かったのがまたなんとも。

Commented on 2010/04/19 Monday 21:21:14

by joachim | コメント編集

>joachimさん
メレンデスは小さく見えましたが、リーチあるんですよね。青木のタックルは距離が遠くて、タイミングもずらされてましたね。
乱闘は見てないですw シールズも結構見応えある試合したみたいですね。またそのうち。

Responsed on 2010/04/23 Friday 20:40:01

by ルシフ@管理者

無題
先日の青木の試合で青木の身内が養護しまくってるのを見ると嫌悪感を抱くここ最近。
あからさまに身内びいき、批判そのものへの批判、さらには尻餅状態から立たせたレフェリー批判と普通じゃ考えられないことを・・・。他の選手の時は徹底的に批判してた連中がですよ・・・。

批判されるのは常日頃の言動でしかたないことだし、本人だってわかってるはず・・・それを身内が泥塗ってるようにしか見えない発言。
米国MMAそのものに対する批判。尻ついた状態から立たすことは米国だと当たり前の潮流であり、そのルールに自分から挑んだ・・・もちろんそのことは青木もわかってただろう・・・にもかかわらず周りは青木中心の視点でしか見ず、米国MMA自体を批判。レフェリーはあくまで中立のであるというのに・・・。しかも仮に立たせなかったとしても結果はほとんど変わらないという現実すら見ていない・・・。それどころか日本じゃあからさまに青き優位のレフェリングだったことも無視・・・。
極めつけは米国MMAはスポーツじゃなくてゲームだという発言・・・スポーツとは洗練された技術を余すことなく使い最少、最短、最善の手段で勝利するゲーム・・・ということはいままで日本でやっていたのはただの激情に任せた喧嘩まがいのエンタメに過ぎないという結論に・・・もう少しスポーツも見た方がいいんじゃないかなと・・・w。

ここまでくると本人がなんか可哀想・・・。愚痴ってしまいましたがひらにご勘弁を。

Commented on 2010/04/20 Tuesday 20:31:38

by mo | コメント編集

>moさん
ちょっと青木シンパの方向性は狂ってますね(笑)。まあ甘い夢から醒めることに耐えられないんでしょうけど……。
マリオレフェリーの、青木のグローブつかみのシーンなどある意味痛快でさえありましたが、それが意趣返しに取れてしまう「普段の試合」の異常さが浮き彫りになった感もありました。
青木自身が「1-0のグッドゲーム理論」「MMAをやってるんだ」などのご立派な発言をしてきたのだから、周囲もそれを正しく受け止めるべきですね。本人はマッハ戦のような負け惜しみもなく潔い。
青木からはシーザージムへの出稽古発言も出たそうで、日本とDREAMに属したまま勝つ、という方法論の敗北は明快になりましたんで、まあ今後どうなるかには注目です。

Responsed on 2010/04/23 Friday 20:48:02

by ルシフ@管理者

無題
PPS買ってみたどー!!!
前半ちと飽きてきたけど後半がかなりよかったっす。

俺的メインの大和vs山本は最高。やっぱこの階級トップの一人なだけある。ボディブローがえげつないの~。

卜部弟はめっさ上手かった。間合いや見切りがガキのレベルじゃねえ。

紀左右衛門・・・今はやりの三日月も結構蹴ってたし、あのハイはよかったが、いまいち重い感じが。しかしそれ以上に身体がやばいw。しかもなんかちょっと痛い子っぽくなってるし。あんな子だったかな・・・。

尾崎vs小宮山は小宮山が勝ってた気がしたが、小宮山あからさまに首相撲したり、尾崎のバックハンドがエルボーだったりとダーティ気味な上、プロレスまがいな感じで両方とも負けでいいんじゃないかとおもっちった・・・。
しかし尾崎、テコンドーに回帰したというが、あんま役にたってなかったなと・・・。

DJでかすぎw・・・しかもミドルが上手いし中間距離は相当パンチが重かった。久保君は勝ったけどちとガードの甘さが気になる。

Commented on 2010/05/02 Sunday 21:47:05

by mo | コメント編集

>moさん
追っかけで見たので、まあまあ飽きずに済みました。
大和ごつかったですね! あのボディには止められるわ〜。
卜部弟、一年半前とはまた別物になってましたね。こりゃ次はHIROYAもボコボコかな。対してキザはいまいち躍動感なかったですね。あの上半身はちょっとナルシス系の肉体造りのような気がするんですが……(笑)。
ダメージは小宮山だと思ったんですがね〜。尾崎のヒジには引きました……。あいつもういいっすね、痛いから。
DJはミドルの上手さにビックリしましたね。あれをもっと早くやってれば、また違ったかも。

Responsed on 2010/05/02 Sunday 23:33:19

by ルシフ@管理者

無題
希望されていたメンツはあらかた出てこれて一安心、ふぅ・・・。
てっきりヒロヤンとかタカヤンが出てくるかな思ってましたが。
まあ尾崎はもういいって感じですが、久保キュンならイレイズしてくれるでしょう。
才賀は実力的には?ですがまあスタイルは嫌いじゃないのでいっかなーと思いました・・・彼は悪くないんだ・・・ただ痛いだけなんだw。
カマキリは正念場だな~。

MAXは・・・あ~テレビ的にいいんじゃね。どうせ外人同士なんて流さないし・・・。
オランダ大会PPVで流してくれるならそっちの方がいいよ・・・。
なんぞといいつつも、この流れはまずいっすよね・・・オタク的には全然いいんすけど、それでつぶれてもらっても困るしなー。

Commented on 2010/06/03 Thursday 22:06:25

by mo | コメント編集

>moさん
結局、負け組&出なかった組はパンチに欠けた感じですかね。
組み合わせもまあまあ。久保、キザ、石川、尾崎と応援してない奴が潰し合うのは、いいのか悪いのか。
まあでも、石川VSキザは面白いですね。30超えると、これぐらいの若者に馬鹿にされるのが死ぬ程むかつくので(笑)、石川は絶対負けたくないでしょうね〜。でもなんかしょっぱい試合になりそうな……。

オランダはPPV……やるんです……かね……。
ルーマニアもやらなかったし、如何せん時差があって生放送が売れないとかの問題があるのかも……。
放送さえしてくれたら、まあお金の問題さえなんとかすればいいんですけどね〜。

Responsed on 2010/06/03 Thursday 23:09:58

by ルシフ@管理者

この記事にコメントする







  Vodafone絵文字入力用パレット表示ボタン i-mode絵文字入力用パレット表示ボタン Ezweb絵文字入力用パレット表示ボタン

この記事へのトラックバック




リラックマ
明日はきっと晴れますよ
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カウンター
最新コメント
[01/13 銀玉]
[01/13 ゆずマシュマロ]
[12/28 サムグレ子]
[12/28 ゆずマシュマロ]
[12/27 887-8798]
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析

AdminControlMenu: AdminMenu | NewEntry | EditComment | EditTrackback

忍者ブログ [PR]