忍者ブログ

                                          堕天使のコロッセオ

<< | 2017/08 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 | >>

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

レッドスコーピオン最期の日。K-1 WGP 2010 in YOKOHAMA 5カード決定。

 そしてワールドグランプリシリーズも、いよいよスタート。

■「K-1 WORLD GP 2010 IN YOKOHAMA」
4月3日(土)神奈川・横浜アリーナ 開場16:00 開始17:00(予定)

<K-1スーパーヘビー級タイトルマッチ K-1ルール 3分3R(延長2R)>
[王者]セーム・シュルト(オランダ/正道会館)
[挑戦者]エロール・ジマーマン(キュラソー島/ゴールデングローリージム)

<ワンマッチ K-1ルール 3分3R(延長2R)>
バダ・ハリ(モロッコ/ショータイム)
アレクセイ・イグナショフ(ベラルーシ/フリー)

<ワンマッチ K-1ルール 3分3R(延長2R)>
アリスター・オーフレイム(オランダ/ゴールデングローリージム)
ジャバット・ポトラック(ボスニア・ヘルツェゴビナ/チーム ポトラック)

<ワンマッチ K-1ルール 3分3R(延長2R)>
ジェロム・レ・バンナ(フランス/Le Banner X tream Team)
ルスラン・カラエフ(ロシア/フリー)

<K-1ヘビー級タイトルマッチ K-1ルール 100キロ以下 3分3R(延長2R)>
[王者]京太郎(日本/チームドラゴン)
[挑戦者]ピーター・アーツ(オランダ/チーム アーツ)

【出場予定選手】
セルゲイ・ラシェンコ、シング“心”ジャディブ、野田貢、佐藤匠

 人気blogランキング参加しています。
 よろしければ御協力下さい。

 まずは………まずは触れておこう……。
 いよいよ来てしまったね、この日が……。

 レッド・スコーピオン最期の日が……。

 復帰戦でいきなりのバダ・ハリとの対戦。
 「かつてバダ・ハリをKO」「かつてシュルトをKO」「完全なダウンがない」「KO負けがない」……そんな勲章が、イグナショフにはかつてありました。しかし、去年シュルトにはリベンジを許し、フレディ・ケマヨ戦ではパンチラッシュで天井を仰ぎ、そのままラウンド終了時にTKO。ドクターストップらしいが、おそらく戦意ももはやなかっただろう。
 K-1を干されてからはや数年、かつての勲章は、貯金が食い潰されるがごとく、一つ、また一つと減っていき、それと並行するかのように技の切れも落ちていった。いや、一試合一試合を観れば、ポトラック、クレイブル、ケマヨなど、ヨーロッパの強豪とそれなりに渡り合い、そう悪くない動きにも見える。シュルトにも判定まで持ち込んだ。
 が、2003年パリ、福岡、2004年シュルト戦と比べれば、衰えは一目瞭然だ。伸びないジャブ……ハエの止まりそうな右ストレート……精度を欠く左フック……。そして、それら一連のパンチはことごとく蹴りにつながらない。単発のミドル、ハイにかつての威力はなく、脚を痛めるのが怖いのか、ローも出ない。ケマヨ戦の集中打の被弾から、反応もバランスも鈍っていることがわかるし、それを自覚しているのだろう、近距離に入る必要のある、かつての最大の武器、膝ももう出ない。何度も指摘されている話だろうが、フィジカルも追い込んでいるようには見えない。

 体格、リーチ、それなりの打たれ強さとディフェンス能力でごまかしてきたが……いよいよそれも終わりだ。その全てにおいて差がなく、破壊力なら現最強であろうバダ・ハリとの対戦で、レッド・スコーピオンはキャリアに関わるダメージを負わされるだろう。リベンジを許した上での、完全なKO負けだ。

 僕はイグナショフとは同い年だ。古くからこのブログを見て下さっている方はご存知だろうが、2005年の開設時から(それ以前の2001年名古屋大会から)、ずっと彼の事は応援し続けて来た。今でも、応援したい気持ちはある。出来る事なら、復活してまたトップ戦線に戻って来て欲しい。
 だけど、もう夢を見ることには疲れた。才能を消費し切った早熟な天才は、今や普通の選手となり、若き現トップの前に、まだあるのが不思議なくらいのプライドと共に、粉々に叩き潰されるだろう。

 これは予想だ。裏切って欲しい。頼むから裏切ってくれ。ど素人のたわけた妄想に過ぎなかったと思い知らせてくれ。僕に何もかもが終わる日を、見届けさせないでくれ。

 さて、それはそれとして、他も楽しみなカードが揃ったなあ。
 アーツVS京太郎はヘビー級王座戦に。うーん、僕はこれはいいと思うなあ。アーツももう40歳、バダ、アリスターに完敗し、正直もうこれからどんどんトップ戦線からは外れて行くと思う。ただ、無差別のトーナメントというあまりに過酷な舞台設定についていけるかどうか、ということだけがK-1の物差しである、というのは、いささか狭量であろう。階級を落とし、選手として延命を計る……別に恥ずかしい事ではない。これがある種の「逃げ」のように捉えられるのは、ヘビー級のベルトの権威のなさ故で、それは競技やプロモーター、現王者の責任だ。
 アーツの挑戦は、この実のないヘビー級王座にとっても、箔付けになり得る。第三代王座にアーツがつくとしても、京太郎に苦杯を舐めさせられるとしても、この試合を経る事で、大いに王座の価値は高まる。
 今年40歳。アーツが貢献できることは、まだ大いにある。プロモーターがおかしなマッチメイクで延命を計っているようなこともないし、もうすでにランディ・クートゥア同様、「続けているだけで価値がある」域まで来ている。階級を落としてでも「挑戦」を「続ける」ことにアーツが意味を見出すならば、やらせるべきだ。
 本気でワールドカップ構想を実現したいなら、階級分け、ランキング、国別王者の設定、まだまだ可能性は埋もれている。ヘビー級ベルトもそこに向けた布石として活かすべきだ。アーツが勝てば、対スポーンやカラエフも面白い。世界路線に向けて、日本国内のWGP決勝だけを権威としておくのは、もはやリスクが大きいように思う。MAXのように、独立した新たな対立軸をもっと生み出して行くべきだ。

 さて、ワンマッチだろうがトーナメントだろうが関係なく強いシュルトさんの、スーパーヘビー級王座。
 セフォー、モー、バンナ、ハント……一発のある選手をことごとく潰して来たシュルトさんだが、次に白羽の矢が立ったのはジマーマン。うむむむむ、一撃の威力という点ではいささか小粒だなあ。ジマーマンの良さは、攻撃を受けても前進し続ける重戦車のような不気味さと、パワフルな連打であって、それが即シュルトさんに通用するかというと……。
 まあ無難に王座防衛だろうが、それでもアリスター戦に次いで見たいカードなのに変わりはない。

 去年旋風を巻き起こしたアリスターは、ポトラックと対戦。
 一見、脈絡がないカードだが、あまりにトップ級と当たり続けてきたアリスターの、「安定度」を計るには面白い一戦になりそう。「ヨーロッパの強豪」というローカルレベルとは次元の違うところにいるのか、それとも意外な脆さを露呈してしまうのか? アリスターと言えば、プライド、HEROS時代は脆さの代名詞だったのだ。今の彼にも、いまだ誰も気づいていない大きな穴があるのではないか……そこらへんに注目。

 カラエフはバンナか〜。
 いつかの開幕戦で実現しなかったカード。まあでも、今の方がカラエフ的に機は熟していると見ていいだろう。マヌーフに倒された頃は、いつ壊れてしまうのかと心配したカラエフだが、ハリには水を空けられたものの、ピチュー、ハリッド、京太郎など中堅どころは次々と撃破。よく踏みとどまっている。二年前のバンナ相手なら、それでもミドルとローを効かされて敗れただろうが、今のバンナはモチベーションも怪しく、倒すのは今しかない。
 んん〜、しかし現時点で自力ではカラエフ有利と思うんだけど、なんかバンナの右フックをかぶせられて沈んじゃいそうな気がするんだよなあ(笑)。

 んん〜、バラエティ豊か、かつ勝負論に溢れたカードが揃ったね!
 もうお腹いっぱいなので、これらの宣伝に力を入れて、あとはもうアンダーカードでいいよ〜。若手、中堅にチャンスを与えるような
試合を組んで下さい。
 知らん間にあと四週なんだな! 楽しみだ!

 人気blogランキング参加しています。
 よろしければ御協力下さい。


拍手[3回]

PR
無題
やっとカードが決まってきましたね。
イギーはこれが送別会にならんことを祈りたいです・・・まさかアル中だったとはw。一発のキレという面ではバダすら凌駕するスラブ系特有のソリッドブローを見せてちょ・・・。

シュルトvsジマーマンはバダ、レミーがついこの間やったこと、アリスターが無理なことを考えるとしょうがないのかなと。個人的にはアリスターvsジマーマンが見たかったです。アリスターみたいなタイプはジマーマンみたいな無限重戦車には弱いかなと思ってたので。アリスターは逆になかば反則の投げでプレッシャーかけられるので対シュルトはけっこうおもしろそう。反面前屈みになるので前蹴りと膝の餌食にもなりそうですが。まあでもアリスターvsジマーマンはシュルトと違って一緒に練習してるみたいだし無理かな?

ポトラックvsアリスターはなんか予想しづらいですね。ポトラックは蹴りがこないから簡単に中に入れてパンチを強振できる。逆にポトラックは自分から首相撲をかけられに行く癖がある。相手が普通の体格なら問題なさそうですが、相手が相手ですからね。まあイギー戦でもそんなにくまれてなかったので対策はしてきそうですが・・・まさかテイシィラみたいなことにはならないでしょうw。この結果次第でアリスターの立ち位置(実力者なのか一発屋なのか)が決まりそうですね。

バンナvsカラエフ・・・ロートルvsスランプ・・・w。まあカラエフにがんばってほしいですが、普通のキックボクシングも覚えていかないとこれから先難しそうだな~と。

アーツvs京太郎・・・サキ、スポーンとはこの間やったので自分もいいんじゃないかと。これでアーツが勝ってvsスポーン、コーベットでもおもしろいし、逆に京太郎が勝っても評価が上がっておもしろい。この階級やるんだったらバルラックも呼んでほしいな。

なんかドイツ、オセアニアとなかなかおもしろそうなところでやるみたいですね。PPVの噂もありますがやるならカードをマニアックに充実してほしいところ。それでこそ買いたくなる。

Commented on 2010/03/06 Saturday 21:36:07

by mo | コメント編集

>moさん
ん〜、イギーはこれがお葬式じゃないですかね……。アッパーで沈められそうな気がしてしようがないです。あのボディが甦ってれば……!

GGはシュルトさんと「それ以外」で別れてるっぽいですね、今までの情報を総合すると。うーむ、なんか可哀想(笑)。ジマーマンはアリスターには相性良さそうなんで、僕も見たいですが、ちょっと無理っぽいですかね。サキVSレコにも興味ありですが。

ポトラックが簡単に蹴散らされたら、もはや本物ですね。確かになんかちょっと前傾で行っちゃうとこあるし、でもあんだけ手出してたら、そんなに膝も合わせられないと思うんですけどね〜。やっぱり崩しで消耗しちゃうかもですが。なにげに楽しみなカードです。

ヘビーはまだカードも残ってるし、アーツをきっかけに盛り上げられると思うんですけどね〜。むしろ、今年タイトル戦に絡みそうな面子はGP回避さえありだと思います。それだけの対立軸を用意しないと。コーベットも来るし、色々みたいですね。

ヨーロッパ予選もちょっと良さそうなカードが出てますし、PPV買いたいですね〜。やるなら全大会買います! が、変な選手出さないで欲しいなあw

Responsed on 2010/03/07 Sunday 20:02:09

by ルシフ@管理者

無題
下の方をチョロチョロするツールバーが鬱陶しい。

アリスターはステロイダーで、カラエフはパンドラだから試合させちゃダメだよ。

Commented on 2010/03/06 Saturday 23:05:48

by NONAME | コメント編集

>ななしさん
それは忍者ツールズとFEGに言って下さい……w

Responsed on 2010/03/07 Sunday 20:03:00

by ルシフ@管理者

無題
アリスターがシュルト戦を断り、それじゃあとアリスターの相手としてギタを用意すれば今度はギタが怪我でポトラックに変更とマッチメークたいへんだったろうなと思いますね。
アーツはサキに完勝したわけで、減量が上手くいけば京太郎程度に後れは取らないでしょう。
コーベットの相手も早く発表してほしいなと思います。

そしてルーマニア大会もかなりのメンツですね。
京太郎やシングもこういう大会で勝てるのか微妙ですので、日本・アジア枠と欧州枠の差は広がるばかりかと。
テイシェイラもオランダで1からキックをやり直すみたいなので、シングもK-1に出ないのならオランダで試合してほしいです。

Commented on 2010/03/06 Saturday 23:38:28

by 空也 | コメント編集

>空也さん
セフォー戦なんて噂もありましたね。でも、ポトラックで充分面白そうです。どのみち、アリスターには気の抜けない相手でしょう。
アーツはほんとに減量次第ですね〜。これがうまくいかなければきついですよ。スタミナがどうか……。コーベットはマヌーフという噂もありましたが、それでいいかな〜。日本人でもいいですけど。

ヨーロッパはK-1本戦に絡んでない面子でも、そこそこの選手が多いですからね。しかし、平均ではヨーロッパ圧勝でも、本当のトップファイターが何人も出て来るかというと、去年の最終予選見る限り怪しい感じです。シングはオランダスタイルでも対応できそうですね。テイシェイラは弱体化しそうな気がしますが……。

Responsed on 2010/03/07 Sunday 20:07:57

by ルシフ@管理者

無題
いきなりで失礼ですがトラックバックさせて頂きました。よろしければコメントお願いします。
はじめまして。以前からブログ読ませて頂いてます。キックボクシング体験談が楽しみです。最近更新されてないのが残念です。笑

カラエフ選手バンナ選手にやられそうな気が自分もします。笑
フォームが大きいからですかね。

Commented on 2010/03/16 Tuesday 04:09:26

by joachim | コメント編集

>joachimさん
はじめまして! いきなりギドンの話題とは、渋いブログですね(笑)。ちょくちょく読ませていただきます!
キックボクシング体験はジムのブログに移ってるんですよ〜。まあそっちもさぼってますがw

バンナの方がでかいですが、フォームがややコンパクトな分回転はそんなに変わらず、距離が合っちゃってカラエフの方がもらってしまうような気がするんですよね〜。バンナの仕上がり次第ですが……。

Responsed on 2010/03/17 Wednesday 20:54:01

by ルシフ@管理者

この記事にコメントする







  Vodafone絵文字入力用パレット表示ボタン i-mode絵文字入力用パレット表示ボタン Ezweb絵文字入力用パレット表示ボタン

カラケス対ギドン
It's showtime ミラノ大会 3月13日(土・現地時間)イタリア・ミラノ パラシャームドーム <ヘビー級 3分3R K1ルール> ○ブライ...

Tracked on 2010/03/16 Tuesday 03:56:54

from Joachiim's blog

この記事へのトラックバック




リラックマ
明日はきっと晴れますよ
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カウンター
最新コメント
[01/13 銀玉]
[01/13 ゆずマシュマロ]
[12/28 サムグレ子]
[12/28 ゆずマシュマロ]
[12/27 887-8798]
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析

AdminControlMenu: AdminMenu | NewEntry | EditComment | EditTrackback

忍者ブログ [PR]