忍者ブログ

                                          堕天使のコロッセオ

<< | 2017/05 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 | >>

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2009/12/05 K-1WGP2009決勝 リザーブファイト他追加

 今年は予選の規模が小さかったこともあり、大きな波乱もなくおなじみのメンバーが出揃っている感じのWGP。
 ただ、その決勝から漏れてしまったピーター・アーツがリザーブファイトへ。

<リザーブファイト(1) K−1ルール 3分3R延長1R>

ピーター・アーツ(オランダ/チーム アーツ)
グーカン・サキ(トルコ/チーム レベル)



<リザーブファイト(2) K−1ルール 3分3R延長1R>

ダニエル・ギタ(ルーマニア/Kamakura Gym)
ハリッド“ディ・ファウスト”(ドイツ/ゴールデングローリージム)



<スーパーファイト K−1ルール 3分3R延長1R>

京太郎(日本/チームドラゴン)
タイロン・スポーン(スリナム/ブラックレーベルファイトクラブF.F.C.)


<オープニングファイト K−1ルール 3分3R>
ヤン・ソウクップ(チェコ/極真会館)
高萩ツトム(日本/チームドラゴン)


<オープニングファイト K−1ルール 3分3R 60キロ契約>
寒川慶一(日本/S.F.K)
梶原龍児(日本/チームドラゴン)


 人気blogランキング参加しています。
 よろしければ御協力下さい。

 前回はパワー差に踏みにじられたアーツだが、今回は対照的に小兵であるサキとの対戦に。サキは怪我で今シーズンを棒に振ったが、ここで決勝に勝ち上がれば、また来年の開幕戦のチケットも得られるだろうし、それなりにモチベーションはあるだろう。
 対するアーツも、もうこれは負けるわけにはいかない。
 体格的にも「ミスマッチ」なイメージのカードだが、これは実は結構見たかった。アリスター戦では絞ったのが裏目に出た感のあったアーツだが、ジマーマン戦でも五分の削り合いになってしまってたし、スピードアップが目覚ましい効果を上げているかというと、いささか疑問なところがある。
 サキやサメドフのような、いなしてくるタイプを捕まえられるのか? 結果的には強打で圧勝したものの、ペタス戦でも中に入られて被弾するシーンもあり、こういう小さな選手は苦手ではないかな。

 アーツのようなベテラン選手は、試合前のコンディショニングが物凄く重要になってきてると思う。パワー重視のスタイルでバダ・ハリに敗れ、スピードとスタミナ型に変えてアリスターに敗戦。これは調整のミスで、逆のパターンで調整すればどちらも勝っていたかもしれない。
 ……が、裏を返せば、もはやどちらかに偏るような調整しかできない、ということでもある。ボンヤスキーやハリ、アリスターはスピードを維持したまま増量し続けているが、年齢的にもそんな伸びしろはもはやない。誰が相手でも自分より小さいシュルトさんは、スピードを落とさないスタイルでいいが、アーツの体格はいかにも中途半端だ。

 今回もリザーブだが、スピード重視の調整でサキをねじ伏せたとして、次の相手がハリやレミーになればまだいいが、アリスターやシュルトになれば開幕戦の憂き目を再び見ることになる。
 そろそろ、多様なタイプを迎え撃たなければならない今のWGPで生き残るのは、厳しくなってきたのかもしれない。セフォーもスピードの劣化と共に闘志を失い脱落していったが、アーツもとうとうそのレールに乗ってしまうのか。ここまでトップで続けてきたことがもはや驚異的なのだが、今年は初めて本当にアーツの衰えを感じ始めた年でもあった。サキ戦はまた一つの試金石になる。

 話は変わるが、ゴールデングローリー、最近うざくね?と思ってる人いません? 僕だけ?
 若貴に加え貴ノ浪、安芸乃島、貴闘力あたりを擁したころの二子山部屋黄金時代があったじゃないですか。相撲は絶対に同部屋当たらないから、マッチメイクもとい取組が硬直化。対する曙や武蔵丸は最初から不利な状況に陥って、ハンデ戦同様。
 開幕戦までは当たらず、決勝でもクジ次第で対戦を回避する傾向にあるこの状況……同じとは言わないが、どうもそんな匂いがする。
 対戦相手の情報を交換し合い、綿密に戦略を立て、組織力で追い込んで行く。いや、別に悪いことじゃない。現代格闘技はチームで勝つ。組織力こそが重要。複数の選手を送り込んで、協力しあって誰かが優勝すれば勝利。結局はリングで闘うのは一人ずつだし、別にいいんじゃね? 何も間違ってはいない。
 ……と、まあ……理屈ではその通りなんだけど……どうもせこいイメージもまつわりつく。

 シュルト、アリスター、ジマーマン、カラエフ、サキ、ハリッド……(ジャジャ、レコ、ハリトーノフ)。
 ずらっとトップファイター並べてさ……黄金の栄光ですか……フ〜ン……。

 繰り返し書きますが、別に何も悪いことはしてない。だが、数や組織の力で戦いを優位に持って行くことに対して、感情的に反発を抱いてしまうのも事実。
 前振りが長くなったが、ここ3年ぐらい、自分の中で裏テーマとして「ゴールデングローリー狩り」が大きなウエイトを占めているのだ。数と組織で上回るGGに、単身、あるいは少人数で立ち向かい蹴散らす……そんな選手に大きなカタルシス、ロマンを覚える。ゴールデングローリーを倒す、それこそが栄光だ!
 アーツはシュルト、ジマーマンを破るもアリスターに敗北。ハリはカラエフ(当時はGGじゃないけど)、ジマーマン、シュルトを倒しているがアリスターには負けている。古い話ではブレギーなんかにも期待したんだが、ジマーマンにのされてしまった……。
 開幕戦ではシュルトさんに敗れたが、ダニエル・ギタもまた、この過酷な挑戦に挑む一人だ。まずは格下のハリッドが相手だが、きっちり勝ってジマーマンやアリスターを次なるターゲットにしてもらいたい。

 さらに、先のGG記念大会で、カラエフとレコさんをそれぞれ葬ったチャクリキ勢の台頭にも、今後期待しよう。

 京太郎はスポーン戦か……うーむ、スカパー入ってて良かった!と思える、豪華おまけカードが続く。京太郎はカラエフに続いてここでも負けるようなら、もうベルトは返上すべきじゃないかな。
 思えばチードラも一時、戦術と組織力で勝ってきたが、それにも陰りが見えつつある。国内キック興行でも、以前のような破竹の勢いはもはや見られない。澤屋敷が消えて、孤独な戦いを強いられる京太郎も、真価が問われる。高萩は共同戦線を張れるような地位まで上がれるか?

 おまけで60キロ級。梶原はクラッシュでも早々と消えてしまったし、勝ち切れないファイターだね……。寒川慶一は地元の興行でよく見るんだが、指導者というイメージが強い。渋カッコいいおじさんで、個人的には好きだが、試合ではどうだろう。

 あと一ヶ月か……何だかんだ言って楽しみですね〜。

 人気blogランキング参加しています。
 よろしければ御協力下さい。

拍手[0回]

PR
無題
アーツはぶっちゃけた話、絞っても意味なくねと思い始めましたw。全盛時ならともかく、一発一発の重さをインサイドワークで確実にあてることで鈍さをカバーする人間が今更軽くなってとれほどパフォーマンスが上がるのかちと疑問。むしろパワーをより省エネで使えるような老獪スタイルの向上を目指した方がいいんでないかと。ホーストなんかみたいによりカウンターや隙間を狙ったり体重を乗せる技術に長けてればスピードアップもありかなと思いますがアーツにそんな器用さはないですからね。そういえばパワーと器用さを備えた彼の氏はどっかに消えたな~w。

拙僧もアンチゴルーデングローリーでござる。選手は好きなんですが、一つに固まられると見たい試合見られないのでやっぱ苛つく。そんで自分も今回浮上してきたチャクリキ派閥の二戦士(ヘスディとアンダーソン)には対ゴールデングローリーとして期待してます。あと対抗できる若手選手といったらバダ、ギタ、軽量だとサメドフとスポーンくらいかな。カティナスとコーベットにも浮上してきて欲しいところ。

京太郎は勝ち目なくねという感じ・・・。相性悪すぎじゃないですかね。

Commented on 2009/11/07 Saturday 18:21:07

by mo | コメント編集

>moさん
ですよね〜。ヘビーは一発で流れ変えられるし、スタミナの維持に絞って体格をキープした方が良かった気が……。2006年グラウベ戦とかはコンビネーションで流れを変えたんで、手数も重要なんでしょうけど、逆に速い選手に速さでつきあっても今後は厳しくなる一方でしょうし……。

僕もGGの選手はみんな好きなんですけどね〜。開幕戦のカードが硬直化したのも、こいつらのせいでは……?という感じで。とりあえず同門は二人ぐらいでいいので、他の派閥には頑張ってもらいたい。もちろんチャクリキかマイクスが第二のゴールデングローリーになっても困るんですが……。

スポーンは今度こそテンカオをグッサグッサ叩き込むスタイルで行ってほしいですね〜。圧勝でしょ!

Responsed on 2009/11/09 Monday 15:42:22

by ルシフ@管理者

無題
満足とまではいきませんがかなり豪華ですね~。

アーツは絞り過ぎたんでしょうかね?
アリスター戦ではアリスターがタフなんじゃなくてアーツのパワーが落ちていたのでしょうか?

スポーンはサキ、コーベット戦のような展開にならないことを祈るだけです(笑)

サメドフは今月14日にポーランドGPで戦ったサカラウスカスと再戦します。
・・・・微妙。

Commented on 2009/11/08 Sunday 15:09:26

by Blacksniper | コメント編集

>Blacksniperさん
ちょっと詰め込み過ぎのような気もしますね(笑)。
これでイグさんまで出て来たら楽しみすぎる!

アーツはあの身体なら、もうちょっと動いていくべきだったと思いますね。よく見ると3ラウンドはリズム取りかけてたんですが、もう力が残ってなくて……。他の下がってくれる相手のイメージに縛られてたような気がします。

京太郎はつっかけてくる相手にはカウンター取れますけど、近距離で見合ってる状況ではスキルの違いを見せつけられると思いますよ。ここはスポーンだと思います。

サメドフもリザーブ見たかったですけど、ギタとやらされてもなあ(笑)。また来年に期待します。

Responsed on 2009/11/09 Monday 15:46:47

by ルシフ@管理者

無題
アリスターの試合もっかい見直したんですけど冷静に見ると結構穴ありますね。
パワーもスピードもあるけど、首相撲と膝以外は総合格闘家そのもの。
パンチで怖いのは力任せの近距離フックとアッパーだけで、よく出すロングアッパーは素人同然の手打ち。
ロングフックは相手が疲れてないと当たらない。
ステップは、最初は速くてもそれ以外はキック素人の動きで舞うような動きはできない。
防御も亀ガード一辺倒でパンチは見れてない。防御の基本もできてない。左ミドルに対応できない。
アーツは最初の段階で、パワーに付き合わず、アリスターが攻撃できないようなミドルレンジの戦い方をしていればもう少し善戦できたのかなと思いました。

アリスターの猛攻に耐えうるタフネスと、アリスターを下がらせる破壊力を持った選手
セフォー、ハント、モー、ジマーマン、テイシェイラ等なら相性的にいいかも。膝があるじゃんとか思われるかもしけませんが、アリスターは攻撃して相手が止まってるときじゃないと首相撲も膝も出せていないんですよね。この辺も総合格闘家の弱点というべき所かも。
テイシェイラ勝つとしたら、後手に回らず、シング戦で見せたオーバーフックを皮切りにどんどん攻め続けることでしょうね。シングには当たらなかったけど、バックステップができずガードで対応するアリスターになら当たるはず。テイシェイラはパワーはあるのでガードの上からでも効かせられるし、蹴りも強いので下も攻められる。とにかく下がらず攻め続ければ十分勝機があるのではないかと。最初の打ち合いも飛び込めば背の低いテイシェイラの方が被弾しにくいし、タフネスも違う。一発強打を見せるだけで相当なプレッシャーになるのでは。

対照的なバダ・ハリの場合、得意のスピードで縦横無尽にはね回って、反撃できないほどの高速連打で削ってやればよさげですね。疲れた所をうちぬいてやればジ・エンド。見た感じアリスターは連打にパンチを返すことはできないのでは。アーツのとろいコンビネーションにも我慢するだけだったし。
バダ・ハリは冷静に闘えば何の問題もなさそう。

しかしアリスター、やっぱ身体ヤベーよw。
冷静に見ると怪物も素人に見えてくるもんですね。

Commented on 2009/11/10 Tuesday 21:53:09

by mo | コメント編集

>moさん
思えば魔術師レミーも、膝さえ悪くなければ、得意のステップからのミドルでもっと楽に勝てたんじゃないかと思うんですよね〜。
ただまあ、サップみたいに突進一辺倒じゃないので、リズムとタイミング取る前に一発もらう&押されて疲れる、という事があり得るので、やっぱり簡単な相手じゃないんでしょうけど。
アーツも3ラウンド目はヒットアンドアウェイのリズムを取りかけてたと思うんですけど、ちょっとばてちゃってたなあ、と。
バダやレミーなど二度目の対戦になる選手は、最初から距離感取ってやれると思うんで、拍子抜けするほど簡単に勝つんじゃないかなあ、と僕も思います。

ま〜でも取りあえずやるのはテイシェイラなんで、仰るとおりの戦術で真っ向勝負して欲しいですね。

Responsed on 2009/11/13 Friday 18:58:27

by ルシフ@管理者

無題
テイシェイラには極真魂見せて欲しいですね~。極真好きじゃないけどw。
オーヤマ総裁が「退くな、前進せよ」とあの世でいってるはずw。

角さんが停職になりましたとさ。理由は視聴者との視点の差異だとさ。
めでたしめでたし・・・・・・・・めでたくねえよ!!!!!!!
なにこの理由、うけるんですけど・・・。。三ヶ月ってなによ、ジョークw。
ここは
とんちんかんな発言ととんちんかんなレフェリングによりファンを激怒させたことを理由に懲戒免職でしょw。

Commented on 2009/11/13 Friday 19:35:22

by mo | コメント編集

>moさん
極真は好きじゃない……というか、なんかピンとこないんですよね。
幻想を見せられた世代じゃないし。

はやいとこ角田は首にしてほしいですね〜。
とりあえず年内は面みなくて済むのは、朗報と言えば朗報ですが。

Responsed on 2009/11/14 Saturday 00:13:23

by ルシフ@管理者

この記事にコメントする







  Vodafone絵文字入力用パレット表示ボタン i-mode絵文字入力用パレット表示ボタン Ezweb絵文字入力用パレット表示ボタン

この記事へのトラックバック




リラックマ
明日はきっと晴れますよ
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カウンター
最新コメント
[01/13 銀玉]
[01/13 ゆずマシュマロ]
[12/28 サムグレ子]
[12/28 ゆずマシュマロ]
[12/27 887-8798]
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析

AdminControlMenu: AdminMenu | NewEntry | EditComment | EditTrackback

忍者ブログ [PR]