忍者ブログ

                                          堕天使のコロッセオ

<< | 2017/05 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 | >>

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2008/9/23 DREAM6 試合感想

 ……今、地上派終わり……。
 他にも色んなものが終わった大会でした……。

 人気blogランキング参加しています。
 よろしければ御協力下さい。

▼第6試合 フェザー級ワンマッチ
所 英男(チームZST)
VS
山本 篤(KRAZY BEE)

 KIDっぽい動きで回る山本。所はワンツーもスムーズに出てるし、いいんじゃないかな、と思ったら、逆にワンツー浴びて吹っ飛ぶ。ガードで凌いだものの、スタンドに戻るとジャブがガンガンに当たりまくる。所のパンチも当たってないわけじゃないが、山本のジャブは芯で当たってないか? ダメージの蓄積が全然違う。
 下になるとレスリングスキルでがっちり押さえ込まれ、何もできなくなる所。鼻血も大量。
 2ラウンド、加速する山本に対し、所は顔もボコボコに腫れてきた。しかし終盤、余裕かましてタックルに来た山本に対し、逆転の腕十字……しかし余力十分の山本、クラッチが切れない!
 いつもの逆転しきれないファイター、善戦マンの本領発揮、無情にもタイムアップ。

 打撃に自信を持ったのが裏目に出て、なおかつ寝技も研究されつくしていたのが敗因か。足あげてもきっちり肩入れられてるし、軽量級はガードでもなんか素早く動いてるように見えるから、実は押さえてるだけでも膠着と見なされないわけか。
 これにてロード・トゥ・KIDは終了。どうせ大晦日にはKIDの復帰が無理だろうけど。テレビにしょっちゅう出てるような選手は研究される材料も十分であり、なおかつこうやってタイプの違う地味強を当てていくと、残酷なまでに現在の技術、体力、実力が計られてしまう。
 面白い試合だったし、「HERO」に対してこういう厳しいマッチメイクをするのも本来は当然のことだろう。ペケーニョ戦から始まったミラクルストーリーは、静かに終結した。


▼第2試合 ミドル級GP準決勝
メルヴィン・マヌーフ(オランダ/マイクス・ジム)
VS
ゲガール・ムサシ(オランダ/チーム・ムサシ/Red Devil International)

 最初の打撃はムサシのロー。うーん、武蔵VSマヌーフって、K-1で見たいカードだよな。マヌーフもローを返すが、む、距離が遠いぞ? マヌーフは「セコンドのゴーサインが出たら一気にいく」だそうだが……セコンド! ゴングがなった瞬間にゴーサインださんかい! そうこう行ってる間にムサシが組んでしまい、ねばるマヌーフだがテイクダウンされる。あ〜こりゃまずい流れだ……。バックから悶えるマヌーフを捉え三角に……マヌーフ持ち上げる! ジャクソンVSアローナを思い出したが、ムサシは落とされながらも締め上げ、マヌーフタップ!
 うわあ、つええ! これは優勝かな? ジャカレイがスタミナどれぐらい残して上がってくるか?


▼第3試合 ミドル級GP準決勝
ホナウド・ジャカレイ(ブラジル/アスレ マナウス-エクストリーム クートゥア)
VS
ゼルグ“弁慶”ガレシック(クロアチア/チーム・トロージャン)

 ダイジェストなのに、実質一分半ぐらいってなんだよ。全部やれ〜。
 ジャカレイが綺麗に一本勝ちで、無傷の勝利。ストライカー二人が消え、総合力VS寝技の決勝が、両者万全の最高の形で実現! これは楽しみだ。


▼第10試合 ライト級 ワンマッチ
青木真也(パラエストラ東京)
VS
トッド・ムーア(アメリカ/チーム・サード・コラム)

 距離を取って蹴りを打ち、間合いを詰めて組み付く青木得意のパターン。バックに回ってよじ上り、チョークに……終了。
 推薦で出た2000、2001がある以上、アーツのK-1WGP連続出場ってのもインチキだと思うわけだが、青木の皆勤ってのも挨拶入れてって本当にインチキですな。
 石川直己もそうだが、背負うとかなんとか言うのはタイトル取ってメイン締められるようになってから。


▼第9試合 ミドル級ワンマッチ
秋山成勲(フリー)
VS
外岡真徳(正道会館)

 煽り長過ぎ。しかも壮絶につまらないんだが……。
 空手で実績のある人なんだし、雑魚プロレスラーよりはまし……と信じたかったんだが、ほぼ同じ展開。秋山は試合時間をわざと延ばしてないか? 試合自体はクリーンで綺麗に終わったわけだが、先の青木の試合同様、攻防が何も見られないつまらない試合だった。
 終了後、吉田戦をアピールだが……? 実現しても今さら感が漂う……。


▼第7試合 ミドル級ワンマッチ
船木誠勝(ARMS)
VS
ミノワマン(フリー)

 船木の煽りはこりゃひどい、貧乏だから復帰した、と言わんばかり。今日は煽りもことごとく滑ってるが、会場は違うのが流れてるのか?
 TKチャートもすごい! 船木が超強豪みたい。KMチャートによると、打撃2(キックのジムでやってる付け焼き刃)、寝技2(グラバカでやってる付け焼き刃)、スタミナ1(年寄り)、パワー2(年寄り)、経験2(豊富なのは人生経験)というところだろう。
 下手なバックキックから倒された船木、終了……と思ったらなぜか足関合戦。超人タップ。
 ミノワマンは帰り際に足を引きずってたが、この人たちの自分に酔った姿を見てると、演出に足一本差し出すぐらいはやりかねないんじゃないかと疑ってしまうね。
 予想に反して船木は終了ならず。ミノワマンは総合格闘家としては今日で完全に終了だろう。


▼メインイベント ミドル級GP決勝
ムサシ
VS
ジャカレイ

 あれっ、もう決勝? この時点で放送時間が大幅に残ってて、ははあ、これは長引くなと思ったのだが……。
 ムサシが打撃でコントロールするかと思ったが、ジャカレイが上取って攻める。これは寝技地獄でジャカレイペースか……と思ったら、飛び込んでパウンド狙ったところにムサシの蹴り上げが直撃! 失神!
 いやあ、まさかのラッキーキック。ハンセンが青木の蹴り上げ封じをやってたが、ジャカレイはスキルのなさがここで出たか。飛び込む軌道がちょっと上からかぶさるような感じで、ヒョードルやカルバンみたくまっすぐ入ってないのも失敗。
 しかしあっけない幕切れで残念。


▼ヘビー級ワンマッチ
セルゲイ・ハリトーノフ(ロシア/クラブ・ヴォルク・ハン)
VS
ジミー・アンブリッツ(アメリカ)

 代役だから気の毒だが、ハリトーノフがこんなお遊びマッチに駆り出されるというのは嘆かわしいかぎりだなあ。
 とりあえず笑うしかないアンブリッツの太り方。いや、まじでこんな練習してない奴呼んでどうするんだ。本当にこの選手も候補だったのか? 解説元気の「WWEみたい」「アンブリッツはリアル・アメリカン・ドリームですね」発言と実況、高阪ともに大爆笑、まあ確かに笑うしかない試合だった。


▼セミファイナル ヘビー級ワンマッチ
ミルコ・クロコップ(クロアチア/チーム・クロコップ)
VS
アリスター・オーフレイム(オランダ/ゴールデン・グローリー)

 おかしい……もうミルコさんしか残ってないのに、放送時間が死ぬほど余ってるぞ……? このカードで判定とかありえんだろ……? 
 パンチの交錯から詰めるアリスター、くぐって突き放すミルコ、アリスターは左回り、ミルコも下がるが……なんか遅いな……102.6キロというのは、たぶんちょっと重い。
 お互いパンチは当たらないが、アリスターはテイクダウンに成功、ボディへの肘とパウンドを落とす。ミルコは眉もカットし、嫌な展開。
 スタンドに戻っても、ミルコさんは動きが緩慢で、アリスターに詰められて受け身。常に先手を取られてる。ドクターチェック後も出血は続き、またテイクダウンされる。ハイキックも距離を潰され破られる。
 立て続けに書いてるが、入場、CM、ドクターチェック、CM、と最悪な展開。これは多くの人がチャンネルを変えたんではないか……。
 三度の金的が入り、ミルコさんが悶絶したとこでまたCM。これは止められたな……。DREAM1の時も青木が悶絶したとこでCM行って、明けたらストップだったので、まあ常套手段ですな。その後でミルコさんのイジメ試合があったわけですが……。
 そのミルコさんがすっかりおじいさんになって半泣きになった顔で、放送終了。
 ロード・トゥ・ヒョードルはこれにて終了……。ミルコさんの現役生活も、今井のいう通りこれにて終了か? だとしたら情けなすぎて切ない幕切れ。

 いやあ……き、きつい……。大晦日に向けての流れも何も生まれず、ある意味でのリアルさが強烈に漂った大会。ついてないというのもあるんだろうが、昨日の石井云々もそうだし、主催者の仕掛けがことごとく裏目に出ている。こういう時こそ、リアルな勝負論が必要なんだが、それを考えて組んだ試合はあっけなく終わる悪循環。テレビでやってない試合はもちろんそれ以下なんだろう。

 ナカハラが勝ったらしいというのは驚き。バダ・ハリにも馬鹿にされたようで、優勝者ムサシまでがK-1転向を宣言!? マジに明日が見えないが、いったいどうなるんだ……?
 果たして視聴率は……。

 人気blogランキング参加しています。
 よろしければ御協力下さい。

拍手[0回]

PR
無題
秋山、時間のばして拷問しようとしてたような・・・w。

ムサシはオランダ系とは思えぬ寝技ですね~。ATTでがんばったマヌーフwを簡単に極めちまったw。アンデウソンみたい。しかし優勝した直後にK-1転向したいとは、オランダのMMAはどんだけ廃れてんだろ・・・。打撃はそこそこ強いけけど、K-1で通用するレベルではないかな~。それにK-1に転向してオランダでの人気得たいなら、マヌーフと打撃戦しなきゃ、説得力がないっすよ、あんな華麗な寝技で〆おって、オランダの面汚しが~w。ということで総合続けてくださいw。

ミルコはもうアリスターにデモリッションですなw。最後はK-1ルールでバダ・ハリかシュルトの手で引導渡してもらうといいかもよw。

バダ・ハリはナイスな発言。いままでK-1挑発してきたお返しをとばかりに強烈なトークでしたw。クカカカカカ・・・w。まあでもそういわれてもしかたないくらい今のバダ・ハリの試合はおもしろいし、今回のイベントはつまらなかった・・・。総合ファンの方々は怒り心頭みたいですがw。
今回は本当にお見合いになったり、金魚食いだたり、あっさり終わったり、グダグダになったりと悲惨だった。所すらあの試合内容じゃ・・・。

Commented on 2008/09/24 Wednesday 11:52:24

by キング・モー | コメント編集

>キング・モーさん
ムサシはなかなか良かったですね〜。確かにK-1転向と言われても、ここまでオール寝技勝利ですしね〜。まだ秋山なり新顔なりと総合マッチの方が期待できそうです。
それとは別にK-1にも85キロ級作ってほしいですけど。
ミルコはもう駄目なんですかねえ。K-1ルールでバンナあたりとノスタルジーマッチをやったらいいんじゃないでしょうか。でも大晦日はまだVIP扱いなんですかねえ。
あそこでバダ・ハリを出すのが大晦日への規定路線なんでしょうが、あれ聞いて燃え上がるものが、今のミルコにはないでしょうね。K-1ルールなら、ハントあたりがやっても面白いかも。
まいどまいど内容が良くなるわけじゃないので、やっぱり勝ち負けにそれなりの意味がないときついですね。GPと山本にはそれがありましたが、他はね……。

Responsed on 2008/09/24 Wednesday 20:02:00

by ルシフ@管理者

無題
バダ・ハリの演説は自分のやってる事への自信と誇りの表れなのかもしれませんが決勝前ってのが;ミルコの試合の後であの演説・・昨日一番まともだったGPの決勝はかなり微妙な空気で始まりました。
k-1ファンは嬉しいとか総合ファンはムカついてるとか・・・自分の好きなものが褒められりゃぁそれは嬉しいし、逆ならカチンとくるだけの事ですよね。ただ、会場にはどっちにも足を運んでいる人がいるわけだし、必死にやってる以上は競技の差はないと思うんだけど。
マヌーフは盟友とか言ってるんで単にキャラ作りなのかもしれませんが?
ちなみに会場で見てました。

そういや山本二人も変な事いってブーイングされてました。

GPはあっけなかったというより『強え~!!』って。

あまり表情の変わらないムサシの笑顔は良かったです。試合も勿論ですが、試合前後も楽しめました。ムサシは日本上陸時のDEEPの試合から生で見てるので変な嬉しさがw

Commented on 2008/09/24 Wednesday 12:16:36

by はへがわ | コメント編集

>はへがわさん
マイクアピールってのは、選手のセンスにゆだねられるもんで、そりゃあバッドボーイは空気壊れたって平気ですよ。運営スタッフはなんでバダ・ハリにあのタイミングでマイク持たせたのか? KIDにせよ、須藤元気の時に前科があるわけですよ。リスペクトなきクレイジービーですよね。そういう人間にマイク持たせたってのは、やっぱりそれを何かの機運にする意図がスタッフにあるということじゃあないですか。
僕は馬鹿にする意図も含めて「うん、彼等らしいコメントですな」としか思いませんでしたね。昨日もっとも屈辱をなめた所は、山本かもっと強い選手を倒すことでしか汚名を晴らせないし、総合の選手は、バダ・ハリと「倒し倒されが面白い」という哲学を共有するなら、もっと面白い試合をしようと努力するしかないし、今のままでも面白いよと割り切れるなら気にしなければすむことですね。

ああ〜だから僕はマイクって好きじゃないんですよね。あれやってる瞬間ってのは、発言者に全ての権利があるんですよ。そこには他人を鞭打つ権利も含まれる。その場の大多数のファンを不快にするとしても、言論統制だけは絶対やっちゃいけませんね。三崎VS秋山の時も書いたと思いますが、不言実行を美学とするなら、もうマイクという行為自体やめちまうべきです。
あとは、その日の勝者じゃない試合してない人間にしゃべらせる必要なんてなにかあるのかなあ、と。これはヒョードルや桜庭も含めてです。

おっしゃる通り競技に差なんてないんですよね。僕はもう、カチンと来ることさえやめようと思っています。どちらにも違う面白さがあるし、そんな必要はないからです。他人にけなされようが、僕はその価値を知っているので怒りません。

しかしながら上のような態度は、たとえば僕の彼女が誰かに「ブス」「性格最悪」と言われたとして、僕が「いや、僕は彼女は可愛いと思うし、優しいとこだって知ってるよ」と言ったとしても、彼女にしてみれば、「おまえもっと怒れよ!」ということになるやもしれませんね。

この場合は、競技イコール彼女なので、競技は人間じゃないからはじめから怒りも笑いもしないので、僕は怒る必要もないのです。ただ、競技に「競技ファン」も含めるか? 僕は含めなくていいと思ってます。含むならば、彼女の最大のファンであるべき彼氏は怒るべきなんでしょうが、価値観が人と共有できないなんてのは、よくあることなんで。僕はいつか「おまえ、よくそんなタカリ女と付き合えるね」という権利を持っていたいので、人が僕の好きなものを悪くいう権利も否定しないでおこうと思います。

すいません、激しく話がずれてしまいました。が、まあ僕の原則論としてのスタンスとしてご理解下さい。ちなみにこういう人間は女にはもてませんね。感情論を理解しない冷たい人間と思われるからです。でも、僕は実は熱い人間なんですよw はへがわさんには何となくご理解いただけるんじゃないかと思うんですが。

で、話を戻しますけど、

>GPはあっけなかったというより『強え~!!』って。

これ、準決勝二つはどっちもそう思ったんですよ。で、それを踏まえて決勝は実力伯仲ですごい攻防になるぞと。で、決勝始まって、

「ムサシよ、なんとか立ち上がって打撃で大反撃だ!(マヌーフ戦で見られなかった打撃スキルが見られるぞワクテカ) そうなった場合、ジャカレイはスタミナという弱点を克服しているか? それとも何が何でもこの攻勢をキープするか? それともスタンドに戻されても進化を見せるか? いずれにせよここからの攻防に注目だあーっ!」

……と思ったところで終わったので、ちょっとがっかりしてしまいました。

>あまり表情の変わらないムサシの笑顔は良かったです。試合も勿論ですが、試合前後も楽しめました。ムサシは日本上陸時のDEEPの試合から生で見てるので変な嬉しさがw

いや〜ここらへんは地上波の悲しさでねえ。前後はまったくありませんでした。そう、言われてみますと、DREAM5もハンセンの満面の笑み、苦労人の報われた表情を見てなければ、印象薄かったかもしれないです。

Responsed on 2008/09/24 Wednesday 21:19:11

by ルシフ@管理者

この記事にコメントする







  Vodafone絵文字入力用パレット表示ボタン i-mode絵文字入力用パレット表示ボタン Ezweb絵文字入力用パレット表示ボタン

この記事へのトラックバック




リラックマ
明日はきっと晴れますよ
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カウンター
最新コメント
[01/13 銀玉]
[01/13 ゆずマシュマロ]
[12/28 サムグレ子]
[12/28 ゆずマシュマロ]
[12/27 887-8798]
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析

AdminControlMenu: AdminMenu | NewEntry | EditComment | EditTrackback

忍者ブログ [PR]