忍者ブログ

                                          堕天使のコロッセオ

<< | 2017/11 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 | >>

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

大晦日、対抗戦だけ予想しよう。

 DREAMとSRCの対抗戦勃発! ま~正直言って、どちらの団体もまだ二年。王者クラスの権威も、まだみんなタイトル取ったばかりで今ひとつ。どちらの選手にも大きな幻想はない。そんな状況下で、ちっちゃな縄張り争いみたいな感覚で対抗戦なんかしてもしようがないだろ~、という気持ちもある。
 が、この大晦日を終着点となるビッグイベントとして捉えると、確かに物足りないが、それよりもあくまで初戦として捉え、ここを発端にストーリーが始まる事に期待したい。

 人気blogランキング参加しています。
 よろしければ御協力下さい。
 なんの溜めもないマッチメイクだからこそ、これから先の展開が楽しめるのだ。両陣営とも、外国人王者はほぼ温存しているわけだし、今回勝った方にザロムスキーやビビアーノ、サンチアゴにハリドヴをぶつけるだけでまた盛り上がるだろう。北岡や石田だっている。
 まあ共同開催とは言え、ホームであるDREAM勢がやや恵まれてるし、おまけに地上波もついている。人気と認知度では圧倒的に上。だが、実際のところ実力はどうなのか?ということで、今回なんらかの結果が出るであろうことは、それなりに楽しみだ。
 人気と知名度が高く威張っている方がこてんぱんにやられた方が面白いので、SRCに大勝してほしいものだが、まあそういうわけにはいかないかな?

 こないだの会見は、横田と青木の罵り合いが、まあ面白いんだけど、実に彼らに似合いのせせこましさ(笑)。お互い小さな人間性を如何なく発揮した感じで、黙ってた川尻と、淡々とした廣田がまだカッコ良く見えた。川尻戦の前の魔裟斗にも感じたんだが、しゃべればしゃべるほど小ささが見えて来る。キックでぼこぼこにされたばかりの横田のK-1ルールでの強さなんてどうでもいいし、それを聞き流せずに噛み付いてしまう青木は、本当に小さい人だ。この小さい人たちが集まって罵り合い、殴り合うという構図……年が明ければこの内二人がみっともなく負けていて大口のつけを払う……いや、確かにのほほんと試合するよりましだろうが、これを何かリスクを背負って盛り上げている、と表現するのは違うような気もする。
 それは結局、背負ってる団体の看板も小さいし、個人のタイトルも取ったばかりで重みがないからで、負けて失うものは今度の舌戦のつけと、個人の評価ばかり。全てがかかってる、というほど大げさな対抗戦でもないからだ。だからこそ、今度の大晦日は、単に発端であるべきであり、今後もこの路線は継続されなければならない。今回、どういう決着がついたとしても、それこそ圧倒的全勝でもない限りは、お互いの立ち位置が何も変わらないであろうからだ。それでは対抗戦と銘打つ意味がない。

 今後は、お互いの興行に1~2選手ずつ派遣して、看板を賭けて勝負し続けてほしいね。結局、この対抗戦という企画が出ているということは、身内同士のタイトルマッチがつまらん、と判断されているということなんだから、そこは力でこじあけてもらいたいものである。

▼DREAM×SRC対抗戦 5分3R
青木真也(パラエストラ東京/DREAMライト級王者)
VS
廣田瑞人(フリー/SRCライト級王者)

 勝ちパターンの見切られた北岡よりも、青木の方がまだ1枚上だろうなあ。まあ5分だから極め切れずに終わるかもしれんが……。
 青木判定勝ち。

▼DREAM×SRC対抗戦 5分3R
川尻達也(T-BLOOD/DREAM)
VS
横田一則(GRABAKA/SRC)

 確かにスタンドでは横田の方がちょい上で、しかも打ち合わずにのらりくらりやってしまいそうなイメージもある。ただ、今回は横田はあのロープへ逃げるのはつかえないんじゃないか? ルールがどうなるかわからんが……。
 川尻判定勝ち。



▼DREAM×SRC対抗戦 5分3R
メルヴィン・マヌーフ(オランダ/ショー・タイム/DREAM)
VS
三崎和雄(フリー/SRC)

 三崎ってのも、戦績や大舞台で倒して来た相手を考えたら、よく考えたら「上がり」であってもおかしくない選手なんだよね。ダンヘンを破ってPRIDEGP王者、HEROS王者にしての当時一大ヒールだった秋山も倒し、戦極でこそ敗北したものの、タイトル挑戦圏内もキープ。
 しかし、PRIDEGPではパウロに一本取られつつ勝ち上がり、アメリカ大会ではトリッグに完封負け、秋山戦は反則キックでノーコンテスト、戦極での立ち位置も逮捕で微妙に……。華々しい経歴には、ことごとく汚点がつきまとう。
 その結果が、ここでのマヌーフ戦のオファー……まったく美味しくない、リスクばかりが大きい相手との対戦、であるような気がするなあ。謹慎明けということで、ここで撲殺されでもしたら目も当てられない。

 まあそれでも、三崎がフロントチョークかなんかで勝つと思うけど……。



▼DREAM×SRC対抗戦 5分3R
山本“KID”徳郁(KRAZY BEE/DREAM)
VS
金原正徳(パラエストラ八王子/チームZST/初代SRCフェザー級王者/SRC)

 いや~、今年はKIDさんはどん底を舐めたね。特にジェヒ戦のKOのショックもダメージもまだあるんじゃない?
 こういう落ち目はまだまだ続くような気がするね。打撃の精度も落ちてるし、逆に思い切りのいい攻めの前に精彩を欠き、微差で判定負けと予想。



▼DREAM×SRC対抗戦 5分3R
桜井“マッハ”速人(マッハ道場/DREAM)
VS
郷野聡寛(GRABAKA/SRC)

 いや〜、無名の外国人に壮絶にハイキックKOを喫したお二人! 同病相憐れむ的な対決だな。かといって、ノスタルジイを掻き立てるようなところまで落ちていない程度には、二人とも現役。
 相変わらず減量に失敗しそうなマッハさんが、打撃で距離取られて判定負けと予想。


▼DREAM×SRC対抗戦 5分3R
柴田勝頼(LAUGHTER7/DREAM)
VS
泉 浩(プレシオス/アテネ五輪 柔道銀メダリスト/SRC)

 ようやく総合格闘家らしくなり、プロレスラー二連戦もクリアしてきた柴田だが、オリンピック柔道家の圧倒的な肉体の強さを封じるような技術はないだろう。泉って人が、前戦のKO負けからなおも打撃にこだわり続けてくれたら勝機もあるだろうが、テイクダウンでポイントを奪われそう。
 泉が小器用に十字でも見せたら面白いが、まあ押さえ込んでパウンドで判定勝ちか。



▼DREAM×SRC対抗戦 5分3R
所 英男(チームZST/DREAM)
VS
マルロン・サンドロ(ブラジル/ノヴァ・ウニオン/第2代フェザー級キング・オブ・パンクラス/SRC)

 いや〜、一人だけイヤな相手とやらされてる的なイメージの所さん。でもこれでいいんだよ。所さんは強大な敵にガムシャラに挑み続ける時こそ、もっとも光り輝くんだ。勝ちなんか期待されてはいかん。タイトルとか、KID戦とか、そんなところに手が届かず頑張り続ける姿にこそ、人々は惹かれるんじゃないか。一生フリーターで別にいいんだよ。
 しかしながらパリーグの実力派に、今回は粉砕されてしまうんじゃないかな。



▼DREAM×SRC対抗戦 5分3R
高谷裕之(高谷軍団/DREAM)
VS
小見川道大(吉田道場/SRC)

 考えて見れば、戦極をまともに見ていなかったせいで、ずっと「コミカワ」だと思ってたんだよね。こないだの煽り動画を見て、初めて「オミガワ」だと知った。ついでに言うと、ずっと「クニヤス」だと思ってたあの人が「コクホ」さんだと言う事も初めて知ったのである。まさか青木に教えられるとは思わなかった。
 この試合は面白くなりそうだなあ。高谷のKO勝ち。



▼DREAM×SRC対抗戦 5分3R
アリスター・オーフレイム(オランダ/ゴールデン・グローリー/初代ストライクフォース世界ヘビー級王者/DREAM)
VS
藤田和之(藤田事務所/SRC)

 アリスターはバダにやられたばかりだし、事故が起きてもおかしくないのがヘビー級……なんだが、藤田はもうここ三年ほど、まともな相手にはまったく勝ててない。アリスターにしてみれば、トンプソン戦並の消化試合じゃないか?
 まあ首がないからサイクロンチョークは極らないとして、ヒザでアリスターKO勝ちかな……。

 ざっと予想して、結果はSRCの5勝4敗……? まあマッハさんが勝てば入れ替わるし、非常に微妙な星になりそう。お互い、正直トップとは言えない選手も投入してるわけだから、こんな星勘定に大して意味はないし、全勝で行く、なんてのも単なる煽りでしかない。
 対抗戦やるならやるで、もっともっと意味付けしていかないとねえ。


 人気blogランキング参加しています。
 よろしければ御協力下さい。

拍手[1回]

PR
無題
見ましたよ・・・。
KID・・・おじいちゃんになってしまいしました。引退した方がいいかも。
所さんは、これからは「うっかり所」と言いたい内容w。
石井さん・・・スパーもっとやったほうがええよ・・・というかテイクダウンの手段が無いて・・・。これだったら去年の万太郎のほうがまだ決め手があったす・・・。
青木・・・中指はあかんて。
マヌーフさん・・・最高のお仕置きでした・・・失神されるより余計に効くw。

で、肝心の魔裟斗さん・・・感動も何も湧かん・・・いい試合だけどなんか普通・・・。サワーさんはやっぱ実力だけなら一枚上手かなという感じ。

なんかあんまりおもしろいもんでもないなという大会でした・・・。魔裟斗戦後のまとめ放送のほうがあっさりしてて見やすかったっす。

Commented on 2009/12/31 Thursday 23:47:19

by mo | コメント編集

>moさん
今年もよろしく〜!

KIDさんは凋落ぶりが激しいですね〜。かつてのスターが落ち目になりながらも食らいつく、という構図はそれなりに売れると思いますが、本人的にはどうかな?
石井はテイクダウン後ばかり練習してたのか? という内容でしたね。アメリカで練習してたんなら、あっちは打撃とテイクダウン使いこなしてなんぼという世界だと思うんですが、なぜ身に付かなかったのか。
マヌーフはおなじみ、いい仕事しましたw 三崎さんは守られてなくて気の毒ですがw

魔裟斗は僕も別に感動はなかったですね。お疲れさまです、という感じです。
打ち合うと言いつつも実は距離を外してて、山本VSドラゴ戦みたいなイメージでしたね。
ま〜とにかくだらだらした放送で、あまり真剣に観るものじゃなかったですね。

Responsed on 2010/01/01 Friday 17:50:24

by ルシフ@管理者

あけおめです。
いや~ブログで思いの丈を綴りまくっていただけに本当に悔しいですよ(笑)。
サワーはいつものように的確にインロー返してましたし、確実に効いている様子でしたのであのダウンが悔やまれます。
マサトは・・・今は別に何の思いもないです。まだ、ありがとうと素直には言えないです。結構、手堅かったですね。
今年のMAX戦線は一体どうなることやら・・・。

Commented on 2010/01/01 Friday 00:28:40

by 銀玉 | コメント編集

>銀玉さん
お疲れさまでした!
サワーはかなりの仕上がりでしたが、やはりトップのスピードじゃなかったですね。
魔裟斗はパワーで圧倒して倒す、と戦前言いながら、実は策と上手さで勝ってしまうという……

気を取り直して、今年も盛り上げていきましょ〜! ペトロシアンがあまりあっさり全員倒さないように、もっと色んな選手を呼んで欲しいですね。

Responsed on 2010/01/01 Friday 17:55:02

by ルシフ@管理者

あけましておめでとうございます!
青木は選手として最高、人間として最悪ですね。アレをエースとか大黒柱とかで売り出すのは絶対間違ってますよ。笑
いろんな意味でアメリカ行ってほしい。

そして魔沙斗、かっこよかったです。ただ、試合後のコメント通りこれ以上続けてたらドランカーになってしまうと思います。確実にここ数年で脆くなってきてましたから。勿体ないと思いましたが、今のタイミングがベストかもしれません。須藤元気の言う通り、70kgという階級がTVに放送できるのは魔沙斗がいたからです。最高の選手でした。本当にありがとうございました。

Commented on 2010/01/01 Friday 13:43:26

by アキラ | コメント編集

>アキラさん
青木はほんとにウンコですね〜(笑)。誰かがリングで制裁せんといけませんよ。川尻でもメレンデスでも誰でもいいですけど。

魔裟斗はやっぱり打たれ弱くなってきてたんですね〜。4R、サワーが一気に逆転するかと思いました。ただそれでも踏みとどまってしまうのが魔裟斗が魔裟斗たる所以であり、今まで積み上げてきたものなんですね。

須藤元気の言う事には、その恩恵に与って来た者の実感みたいなものがありましたね。また何らかの形で、K-1には関わってほしいものです。

Responsed on 2010/01/01 Friday 17:58:48

by ルシフ@管理者

この記事にコメントする







  Vodafone絵文字入力用パレット表示ボタン i-mode絵文字入力用パレット表示ボタン Ezweb絵文字入力用パレット表示ボタン

この記事へのトラックバック




リラックマ
明日はきっと晴れますよ
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カウンター
最新コメント
[01/13 銀玉]
[01/13 ゆずマシュマロ]
[12/28 サムグレ子]
[12/28 ゆずマシュマロ]
[12/27 887-8798]
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析

AdminControlMenu: AdminMenu | NewEntry | EditComment | EditTrackback

忍者ブログ [PR]