忍者ブログ

                                          堕天使のコロッセオ

<< | 2017/05 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 | >>

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

63キロ級では『石川 VS HIROYA』が見たいな

 日本人だけかあ、Krushもあったしなあ……と思いつつも、これはこれで楽しみ。

<出場候補選手>
小宮山工介、大月晴明、久保優太、石川直生、上松大輔、“狂拳”竹内裕二、HIROYA、嶋田翔太、卜部功也、渡辺理想、DJ.taiki、高谷裕之

 人気blogランキング参加しています。
 よろしければ御協力下さい。

 27日の日本予選とかでも、「長島自演乙VS龍二」とか「日菜太VS中島弘貴」とか、やっぱりK-1ならでは、他の団体じゃまず実現しないカードなわけですよ。その凄さが充分伝わらずただの日本人同士の予選、としてなんとなく消化されてるのがもったいないぐらいで。
 最近はキックも対抗戦ブームですが、総合勢、甲子園勢、ボクサーなどが絡むと、また違ったムードが漂いますな。果たして16人、どういう面子が揃うのか?

 早速、山本真弘はアウトなんて萎えるニュースも飛び込んできましたが、なんだろうね。体重の問題だったら石川あたりも同じでしょう。石井戦をぶち上げてた本人が回避したか? もうトーナメントはいやなのかもね。山本元気に至っては名前さえ出ていない。

 MAXの結果を踏まえて、村浜は惨敗だから落選か。渡辺はとりあえず名前は出てないが、一応出てくるかな……。最近の彼も、痛みに耐えるガンバルマンコンテスト要員と化しつつあるが、竹内か高谷あたりとやれば面白そうだ。
 あとはMAX出場経験のある尾崎、RISEの板橋が山本戦の結果次第、裕樹はどうかな……。

 せっかくだから、チョン・ジェヒも特別枠で出したらどうか。KIDを撲殺した映像のインパクトは今でも抜群だし、叩き台としては危険な選手だ。ベスト8に残れば、ぐっと緊張感が増すんじゃないか。

 しかし、一番楽しみなのはHIROYA絡みのカードであるな。甲子園では高一に完敗。「魔裟斗の後継者」と言われてきたが、未だ代表作となるような試合もなく、なんの実績もない。プロとしての色気など微塵も感じられない顔は、ベビーフェイスと言うより『のだめ』風に「ベーベちゃん」と表現したくなる。

 K-1のエリート育成コースのモデルケース第一号であった彼が、いよいよ栽培されていた温室から抜け出し、その力を試す日がやってきたのだ。大雑把に言うと「高校前からプロテクトし、大事に育てる」という方法論が取られて来たわけだが、彼自身の強さだけでなくその手法の是非までもが試される。「K-1甲子園」育ち、という環境は、果たして現役のキックの王者級に通用するのか?
 そんなわけで僕が見たいカードはズバリ、

「石川直生 VS HIROYA」

 これですね。

 石川があれだけ熱望した大晦日の舞台を、生まれながらにして与えられた温室育ちのエリート坊や。実績もキャリアも遥か下なのに、何倍も何倍も恵まれた少年……。
 このトーナメントは、齢30に到達し、近寄る衰えとも戦い続ける石川にとっても、自らの野望に向けた最後にして最大のチャンスだ。絶対に負けるわけにはいかない。「キックボクシング」が「甲子園」に負ける事など、あってはならない。その「キックボクシング」を世に出すことこそが、彼の目標なのだから……。そんな中で、石川は誰よりも非情に徹さなければ勝てない。未来のある少年、あどけなさの残るべーべちゃんの顔面に、その飛び膝蹴りを叩き込まなければならない。「青春塾」という名を背負った彼が、自らの青春のために他人の青春を打ち砕くと言う倒錯……! 全日本キックでつねにベビーであり続けた彼が……!

 HIROYAは、石川の苦悩に一度でも思いを馳せたことがあるだろうか? おそらく……ない。甲子園という環境を揶揄するコメントを聞いた事があっても、それは彼にとって与えられたものでしかない。批判されても関知するところではないだろう。結局、一年目に優勝をさらわれた雄大と違い、彼はその「甲子園」という環境に居続けたのだから……。
 彼ぐらいの歳から見たらもはやオッサンと呼べそうな、それなのにモデルのようなチャラチャラした事もしている、青春スター気取りの泥臭いキックボクサー……何から何まで別世界の住人だろう。決して交わらない。石川の苦悩もジェラシーも、HIROYAは永遠に理解出来ない。

 だがもしかしたらリング上で……石川の拳で……蹴りで……HIROYAは彼の言葉の意味を理解するかもしれない。彼の背負って来た物の重みを知るかもしれない。
 そして……重さを背負えない、永遠に浮かばれない運命の石川が、今年1月同様デニス戦同様、HIROYAの拳の物理的な重さに屈することもあるいは……。

 見たいな〜、たぶん実現しないだろうけど……(笑)。
 しかしそれ以外でもHIROYAと、

VS 渡辺
VS 高谷
VS 狂拳
VS 大月

 ……HIROYAきゅんが壊されちゃう!? という、今までの常識ならあり得ないカードが実現する可能性は大いにある。楽しみに待ちたい。

 人気blogランキング参加しています。
 よろしければ御協力下さい。

拍手[5回]

PR
無題
こんにちわ。

HIROYA vs 石川、HIROYA vs 渡辺一久、観たいですねぇ。
価値観や生い立ちが違う選手がひとつのリングで白黒つけるっていう、格闘技の魅力を体現できそうですね。

今年は無理だけど、その下にまた野杁っていう素晴らしい選手も控えてますし、
甲子園組vs既存のキックボクサーという戦いは注目です。

Commented on 2010/03/29 Monday 15:05:15

by かかとおとし | コメント編集

>かかとおとしさん
それぞれの価値観を代表する選手同士、ぜひ激突してほしいですね! 石川が勝てばキック界の権威も保たれるし、甲子園勢が勝てばまたそれが崩壊するショックが訪れますし。
こういうカードを実現するのが、K-1ですね~。HIROYAがもうちょい成長してたらより面白かったんですがw

Responsed on 2010/03/30 Tuesday 13:47:44

by ルシフ@管理者

無題
石川vsHIROYAですか。石川選手の心情が何とも・・・。
HIROYA選手、何だかんだ言いながらまだ20来てないんですよね。うらやましい。
そろそろ一回日本のトップ所より、一枚落ちるレベルぐらいと対戦してもらいたいです。
去年の出来を見る限り、アワワってなってもおかしくないですが。

私はチョン・ジェヒ選手良いと思いますね。左ミドル良いの蹴りますし、距離感を把握してパンチ打ちますしね。
うーん。ルールの変更を見るとワンマッチでもタイ人は呼ばれないですか。

Commented on 2010/03/29 Monday 20:23:35

by joachim | コメント編集

>joachimさん
石川いやがりそうですね~(笑)。顔売れてる選手を倒すのが、一番有名になるのには手っ取り早いんで、やってほしいですが。
HIROYAは正味どのレベルだったら倒せるのかな……。このトーナメントで試されますね。ベテランの凄みで思う存分アワワワさせてほしいものです。

チョン・ジェヒいいですよね~。面構えもいいし、外敵として盛り上がると思うんですよね。
いや! ルール変更はあえてタイ人を呼んで負けさせるためですよ、きっと。しかしパンチでも勝つのがムエタイですっ!(笑)

Responsed on 2010/03/30 Tuesday 13:52:56

by ルシフ@管理者

無題
ナオキックですが、今回のクリンチ完全排除のルール改正でますますK-1ルールでは翼をもがれることになるでしょうね。
まぁいつの間にかほぼ肘なしキックと変わらなくなったK-1が最初の立ち技総合のスタンスに戻すのなら
空手っぽい要素を多くするのは別にかまいませんが。

Commented on 2010/03/30 Tuesday 00:22:13

by 空也 | コメント編集

>空也さん
ふっふっふ、HIROYA相手ならちょうどいいハンデよ……と石川が言うかどうかは知りませんが、この茨の道を選んだのは彼自身なので、頑張って欲しいですね。天敵も出ないことだし……w

やっぱりテイシェイラ惨敗がちょっと影を落としてますかね~。しかしこのルール改正でもそんな有利にはならないでしょうね。

Responsed on 2010/03/30 Tuesday 13:57:21

by ルシフ@管理者

無題
でもHIROYAはもう63は厳しいんじゃないですかね?

Commented on 2010/04/03 Saturday 00:17:28

by スラッカー | コメント編集

>スラッカーさん
厳しくても落とさざるをえないと思いますよ、70はどのみち無理だろうし……。
こうしてプロテクトってのは、徐々に外れていくんですね〜。

Responsed on 2010/04/03 Saturday 14:05:00

by ルシフ@管理者

この記事にコメントする







  Vodafone絵文字入力用パレット表示ボタン i-mode絵文字入力用パレット表示ボタン Ezweb絵文字入力用パレット表示ボタン

この記事へのトラックバック




リラックマ
明日はきっと晴れますよ
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カウンター
最新コメント
[01/13 銀玉]
[01/13 ゆずマシュマロ]
[12/28 サムグレ子]
[12/28 ゆずマシュマロ]
[12/27 887-8798]
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析

AdminControlMenu: AdminMenu | NewEntry | EditComment | EditTrackback

忍者ブログ [PR]