忍者ブログ

                                          堕天使のコロッセオ

<< | 2017/11 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 | >>

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

グレート草津が引退試合って……?

 こちらの記事なんですが……?

 偉大なプロレスラー、グレート草津氏が先日亡くなりました。うん、それはいいでしょう。で、そのリングネームを受け継いでK-1で戦ってきた次男のグレート草津が、引退試合をする……。

 ……なんで?

 人気blogランキング参加しています。
 よろしければ御協力下さい。
 最後の試合は 2004年の静岡大会。そこからもう4年も試合していない。最後の試合も無名選手に完敗で、完全にシーンから消えた選手だった。実際、会社経営などしているという。
 引退試合をする資格……そんなもんがあるのかどうかは知らない。まあ少なくとも興行側に「してもらう」立場に彼がないことは明らかだろう。なら、自腹を切ってやる……それは大いに結構。人は笑うかもしれないが、自分で頭下げてお金出してやるんなら、いくらでも好きにやればいい。自己満足、別にいいじゃないか。

 しかしね……最後の試合から4年も経って、その間、一度も名前の出なかった彼が、なぜ、このタイミングで引退試合やるの? 「父・グレート草津が亡くなったから」……それと息子の引退試合、何の関係があるの? プロレスラー・グレート草津のファンは、次男のK-1挑戦なんて何の思い入れもなかったわけでしょう? だから、父のファンのため、というのは当たらない。じゃあ父自身のため? 残念ながら、もはや亡き人の心中を推し量ることはできない。だが、もしも上記のような自分のための引退試合を今、やるのだとしたら、それはまさに「親の七光り」を利用した行為ではないのか? 所詮「グレート草津」の名を使ってる時点でそういう存在であった……それはいい。しかし、なぜよりによって父が死んだ今、この時期に引退試合? 話題になるのもこれが最後、最後だからこそ注目される、だから死んだ父の名を最後の最後まで利用しつくそう……これはそういう行為ではないの?

 いやはや、商魂たくましいことですね。負けたけど、アビディ戦やブラガ戦なんかは覚えてる。僕はプロレスには興味ない。でも、K-1戦士グレート草津のことは、K-1が続く限り心の片隅に残る。それを自ら汚さないで欲しい。

 人気blogランキング参加しています。
 よろしければ御協力下さい。

拍手[0回]

PR
無題
はじめましてm(_ _)mグレート草津はちょっと前の格通の巻末に小さくインタビューが載ってましたね、それによると両親の介護や仕事で忙しいけど最後に引退試合はしたいみたいなことを言ってたから元々近いうちするつもりではあったんじゃないでしょうか?

Commented on 2008/06/24 Tuesday 21:50:36

by 赤蠍 | コメント編集

>赤蠍さん
初めまして! そして初コメントありがとうございます。お名前はどこぞでもお見かけしたように思います。
ははあ、寡聞にしてその記事のことは知りませんでした。ありがとうございます。
元からする気があって、取材に対してうっかり口を滑らしたということなんでしょうかね。
本人に悪意がないならば、ぜひとも延期してもらいたいですね。
いずれにせよ、この時期に口にすることではないと思います。

Commented on 2008/06/24 Tuesday 22:00:46

by ルシフ | コメント編集

この記事にコメントする







  Vodafone絵文字入力用パレット表示ボタン i-mode絵文字入力用パレット表示ボタン Ezweb絵文字入力用パレット表示ボタン

この記事へのトラックバック




リラックマ
明日はきっと晴れますよ
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カウンター
最新コメント
[01/13 銀玉]
[01/13 ゆずマシュマロ]
[12/28 サムグレ子]
[12/28 ゆずマシュマロ]
[12/27 887-8798]
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析

AdminControlMenu: AdminMenu | NewEntry | EditComment | EditTrackback

忍者ブログ [PR]