忍者ブログ

                                          堕天使のコロッセオ

<< | 2017/06 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 | >>

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

K-1懐古 ちょっぴり期待しちゃった恥ずかしい思い出

 ど〜も、「よいこのK-1ファン」ルシフ様です。
 あまりに新しい大会のネタがないので、仕方なく昔でも振り返って楽しもうと思います。

 キックボクサーとしての実績ばかりを注視しがちなよいこですが、そんな僕にも他競技出身選手の爆発力、幻想に思わず期待し、これはもしかしてスゴいのでは……?と思った過去があります。
 いやねえ、実際それでK-1ファイターをKOしてしまったり(例:ランペイジ)、勝てないまでも気持ちやタフネスを見せたり(例:川尻)、そんな試合を見せてくれれば、そういうちょっとした「浮気」も許されましょうよ。しかしながら、そうして期待をかけた選手たちが、まったく何もできず! 醜態と呼ぶしかない姿を見せて! わずかな時間で消えて行ってしまったら……? 手のひらを返したように、「やっぱり実績のない選手はダメだね……」とか言っていていいものか? 否! 自己批判せよ! 常との言動不一致を省みよ!

 というわけで、ワーストバウト集も兼ねた、期待しちゃった僕が恥ずかしい試合シリーズです。はじまりはじまり。

 人気blogランキング参加しています。
 よろしければ御協力下さい。

サップVSアーツ
http://www.youtube.com/watch?v=Fq2WUJd2ecs

 まずは有名なところから。
 いや、この試合に関しては「ああ、やっぱり……」という感もなくはなかったのですが、この頃すでにチキン化し、出る試合出る試合で醜態をさらし続けていたサップを、当時絶好調のアーツ先生が徹底的にお仕置きする図を期待してたわけですね。そのためにはサップが、かつてのタフネスの半分でも見せることが必要……。アーツもロー主体でじっくり攻めてくるだろうし、いや、大丈夫! それぐらいは……。
 しかし蓋を開けたらこの始末! 膝蹴り一発で悶絶! えええええええええ〜? というノリカ他の失望の声に全てが象徴されてましたね。これにてサップは前年のホースト戦のトンズラも、やっぱりびびってたんだろうと推測されても仕方なくなりました。
 ちょっぴりサップに期待した僕も恥ずかしかったですが、セコンドについたグラハム、ペタスも赤っ恥をかいた試合でした。試合でふがいない姿を見せるということは、かくも人を傷つけるのだなあ、と感じ入った次第……。


マーサーVSボンヤスキー
http://www.youtube.com/watch?v=sbudzO03ed4

 これも有名ですね〜。史上空前のガッカリ試合……。
 レイ・マーサーは前年に武蔵とワンマッチでフルラウンド戦い、判定負け。ダウンを取られはしましたが、ボタ同様タフさは見せ、年齢的にもこれ以上の適応は怪しいながら、一発の威力も含めボンヤスキーにとっては危険な相手になるのではないか……? そういう観測がありました。ボンヤスキーの勝利は固いだろうが、簡単にはいかない、緊張感のある試合になるのではないか……。
 ところが、開始早々のハイキックで戦意喪失〜! いや〜、耳の辺りですかね〜、やわなとこに固いところがガツンと当たって……。しかし、脳が揺れるようなヒットじゃあないんですよね。その後も普通に歩いてるし……要は痛過ぎてイヤになったという感じで……。
 いや〜、期待した僕が馬鹿でした! まあしかし、このあまりのヘタレっぷりは伝説級、正直想像もつかなかった……。この時期、K-1はボクサー相手に相当なギャラを積んでたのではないかと思いますが、意外に真面目だったボタさん以外は壮絶に失敗でしたね〜。


子安慎吾VSスミヤバザル
http://www.youtube.com/watch?v=qhwDhTCz_wM

 不完全燃焼に終わったサップVSスミヤバザルからの復帰戦! テイクダウンの攻防のみで終わった前戦を経て、朝青龍の兄が打撃ルールで参戦! 前戦ではパンチも出してなかったものの、総合ルールに参戦してる以上はそこそこ出来るだろうし、何より子安とは体格差が大きい。圧力と突進力で飲み込むような試合を見せるのでは……? そんな想像をしていました。
 いや……しかし……このリズミカルな肩の動き……。アナの言う通り、この動きが見えた時点で、僕の期待はマックスまで高まりましたね。ここから、果たしてどんな切れのある打撃が飛び出すのか? が、試合が終わるまで、ローキックを成すすべなく蹴られ続けて背を向けてタオルが投入されるまで、この肩の動きのみを延々と見続けることになったのです……。
 あのさあ、正直、ちょっと子安さんもパンチ警戒してたよね? あのリズムでワンツーか左右フックだけでも振り回されたら、そりゃ結構危ないパンチだよ。しかし……結局、一発も飛び出すことはなかった……。あの動きはなんだったんだろう……今もって謎だ……。


ニコラス・ペタスVSリック・チーク
http://shirason.net/baf/video.php?fighter=377

 復活の時は来た! 誰もがそう思っていた。バダ・ハリ、アーツとの対戦では力及ばず敗れたものの、動きの良さや闘志をかいま見せ、大晦日では大巨人キム・ヨンヒョンを堂々のKO! 勝ち負け以上に、このファイターの持つ「華」のようなものを実感させられた。かつて、停滞したジャパン戦線で武蔵を粉砕してみせたこの男が、本格復帰の暁にはまたK-1を盛り上げてくれる……。
 対戦相手のリック・チークは、イマニー・リーをボディ一発で葬るもローキック蹴られ過ぎで棄権、前年のダグ・ヴィニー躍進のお膳立てをした選手。その脚の弱さからも、ペタス勝利は確実と見られていた……。

 これはいわゆる「他競技」組とは違うんですよね。空手出身とはいえ、存在としては「古き良き時代」を戦い抜いた「純K-1ファイター」であり、人によってはあるいは「レジェンド」枠に上げる人もいるかもしれない。そういう選手。でも現役バリバリと言うわけでもない。その彼に対する見方に、ある種のバイアスがかかっていたのではないか?という疑問はやはり否めない。

 試合の途中、「ちょっとタンマ」「ごめん、ムリ」と言い出してそのままストップ……。脚を痛め、早々に諦めた「青い目のサムライ」。アクシデントなのだ、彼を責めるのは酷かもしれない。だが、もう今後期待しても無駄……そう思わせる悲しい悲しい結末であった……。

 ま〜他にも、昨年のシュルトVSバンナとか、ペレ・リードとか……色々ありましたね〜、ガッカリ試合、ガッカリファイター……。グッドリッジにびびってトンズラこいたブリッグスさんとか……。飯伏VSアンディ・オロゴンという幻のカードもありました(笑)。期待した人はいますか?

 まったく期待してしまって、我ながら恥ずかしい! 自己批判せねば。
 もっとも批判されるべきは、ここまで情けない試合をする人達を呼んできてしまったマッチメイカーなんですけどね……(笑)。支持しちゃった僕にも責任はあるのではないかというお話でした。どっとはらい。

拍手[3回]

PR
ある意味珠玉?ですね
どれも自分の競技&地元だったら絶対に見せない姿ですよね

特にマーサーさんは酷い
せめて効いてるふりしてダウンするくらいのサービス精神はもって欲しかった

Commented on 2010/08/14 Saturday 19:08:54

by スラッカー | コメント編集

>スラッカーさん
いやまったく、素晴らしき嫌倒れの数々……(笑)。

マーサーさんは後にシルビアをワンパンで倒したりしてて、やっぱり地元ではハッスルしたんですかねえ。特にこのレミー戦のガッカリ感はハンパなかったですね。

Responsed on 2010/08/15 Sunday 21:42:49

by ルシフ@管理者

無題
いやあ、どれも(悪い意味で)K-1らしい試合でした(笑)
喜劇と茶番は紙一重なのかもしれませんね。

私が推したいのは06年ソウル予選でのキム・ギョンソック vs キム・ミンスです。
http://www.youtube.com/watch?v=FwOOu8zzZjw

これぞ鬼ごっこ・・・じゃなくてK-1!!(自虐です)

真面目に言うと何気にミンスは戦跡自体は良かったはず(相手がアレですが)
ムラッド・ボウジディに根性で勝ってますし何より気迫を感じるので好感は持てます。

私も自分のブログで書いてみたいと思うのですがよろしいでしょうか?
ネタがないので何とか喰いつきたいんですが・・・(笑)

Commented on 2010/08/15 Sunday 12:18:30

by Blacksniper | コメント編集

>Blacksniperさん
いや〜、当時は青筋立てて怒ったんですけど、今となっては笑える思い出ですw

ギョンソックVSミンスは「期待してしまった」試合じゃなく何の期待も持たなかったので、今回の記事には入れなかったんですが、まさに予想の斜め上を行く試合でしたね〜。
ミンスさんは総合でミノワマンをボコッたのも最高でしたし、思い出深いファイターです。ボウジディは赤っ恥かいたなあ……。

ぜひそちらでもワーストバウト集やってください! 海外の知られざるズンドコ試合も(笑)。

Responsed on 2010/08/15 Sunday 21:46:25

by ルシフ@管理者

無題
こうして大金積んで名前だけのロートルボクサーを連れてきたのも、全ては「世間的ステータス」と「スポーツとしての権威」とやらを手に入れたかったからなんでしょうね。
K-1に限らず、プロ格闘技の歴史はボクシング、柔道、レスリング、相撲と、メジャースポーツに対する反骨の歴史であり、彼らを自分のところのルールでなぎ倒してきたことで、世間にアピールし、規模を大きくしていった。
それなのに、競技レベルが上がり、ようやくペトロシアンのような、自前でも「権威」を誇示できるようなファイターが現れたというのに、主催者側やファンは彼らの存在を否定し、マサトだけを担ぎ上げるガラパゴスの世界観を選択したというのはある意味皮肉ですね。
6回戦ボクサー相手に負けるようなロートルタイソンを引っ張り出すのに使った金で、どれだけの未払いのファイトマネーが支払えたことか・・・。

Commented on 2010/08/20 Friday 21:47:45

by 銀玉 | コメント編集

>銀玉さん
まったくですね〜。
せっかくボクサーを切り刻んでも、いまいちそれが権威づけにもつながらず、一時の花火にしかならなかったし、マーサーさんみたいなのが出てしまっては裏目というもので……。
タイソン絡みで脱税したのは、今にして思えば大きなターニングポイントでしたね。あの追徴金を今でも引きずっているという話と、理念無き運営が絶妙にリンクしている辺りが、今の状況の必然性を感じさせます。

Responsed on 2010/08/22 Sunday 17:52:30

by ルシフ@管理者

無題
日菜太の試合見たっす。キシェンコまたでかくなったのはいいけど、弱くなってマス・・・。パンチもグチャグチャ、キックもバランスが良くなったかと思えば距離感が・・・。改造段階の一番不安定なときみたいな状態に・・・。
日菜太はミドルからの三日月は綺麗でした。カットが追いついてなかった。一見下からの蹴り上げかと思ってたけど、ちゃんと横から入ってました。

Commented on 2010/08/21 Saturday 09:35:05

by mo | コメント編集

>moさん
僕も見ました〜。
ん〜、キシェンコ、なんか重心の位置おかしくないですか? 下がってるからキックのバランスはいいけど、パンチに体重のってないですよね。プレッシャーが全然かかってなくて……。
ステップ磨いてる日菜太に、このスタイルなら一日の長ありか……。僕はてっきり、もっと攻めててうっかりカウンター気味にもらったのかと思ってたんですけど、この距離感だったら狙い撃ちですね。まるで的だ……。必然的敗北という印象でした。

Responsed on 2010/08/22 Sunday 17:56:56

by ルシフ@管理者

この記事にコメントする







  Vodafone絵文字入力用パレット表示ボタン i-mode絵文字入力用パレット表示ボタン Ezweb絵文字入力用パレット表示ボタン

この記事へのトラックバック




リラックマ
明日はきっと晴れますよ
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カウンター
最新コメント
[01/13 銀玉]
[01/13 ゆずマシュマロ]
[12/28 サムグレ子]
[12/28 ゆずマシュマロ]
[12/27 887-8798]
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析

AdminControlMenu: AdminMenu | NewEntry | EditComment | EditTrackback

忍者ブログ [PR]