忍者ブログ

                                          堕天使のコロッセオ

<< | 2017/05 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 | >>

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2008/9/27K-1WGP開幕戦 試合感想

 今こそ世界変容の時!
 時代を切り裂く新たな英雄となったのは誰だ!?

 人気blogランキング参加しています。
 よろしければ御協力下さい。
 セレモニー終了で、いよいよ開始か……と思ったら、やっぱりきたよ、ランディVSヨンス!
 ちなみに前田はKO勝利、サメドフは判定勝利だそうで……。サメドフはやっぱりトップには行けないまま終わってしまうのだろうか。

▼オープニングファイト第3試合 K-1ルール 3分3R延長1R
ランディ・キム(韓国/フリー)
VS
パク・ヨンス(韓国/KHAN)

 圧力をかけるランディ。ローも悪くないんだけど、パンチを振り始めるとそれを忘れてしまうようで、勢い任せに。ヨンスはブロッキングを強化してきたようだが、固まり過ぎて間からねじ込まれる。
 1ラウンド終わったところで、ヨンスは早くも戦意喪失気味。2ラウンド、勢いを増したランディがロー二発からパンチで背中を向けさせ、試合を決めた。

 いや〜、ヨンスはメンタルもぽっきり折れて、全然ダメだね。ランディはちょっと良くなってる感じ。次は武蔵、澤屋敷へのリベンジ権を賭けて、藤本あたりとやらせたら面白いんでは?


▼第1試合 FINAL16 K-1ルール 3分3R延長2R
ルスラン・カラエフ(ロシア/フリー/ASIA GP王者)
VS
ハリッド“ディ・ファウスト”(ドイツ/ゴールデン・グローリー/推薦)

 序盤から速攻のカラエフ、必殺のロシアンルーレット、上中段のバックスピンが翻るように繰り出される。ただ、まだトップスピードではないか、ハリッドはがっちりガード。しかしこれで左右に振ってダッキングを誘っておいての膝が当たりそうだ。
 が、ややラッシュが単調になったところで、ハリッドのカウンターが炸裂! ダウンしたルスラン、足下が怪しく、詰められるとガード下げながら前蹴りという悪い癖も出て、劣勢! バーンナックルも読まれてるよ!
 2ラウンドも詰めるハリッド、カラエフはちょっと身長低い相手苦手か? ここまでは完璧な予想どおりの展開で、ルスランはすでに鼻血を出し、絶体絶命。このまま終わりか……と思ったら、下から顎をすくい上げるような起死回生のアッパーが直撃! 頭がガクンガクン揺れて吹っ飛ぶハリッド。いや〜、すごい鮮やかなアッパーだったな。コンビネーションで出す腕の回転だけのアッパーと違い、腰と肩もきっちり連動した、まさに新必殺技。
 しかしフラフラになりながらも立ち上がり、なおも詰めてくるハリッド。ゾンビか、こいつ……! ルスランもダメージは残っているが、決着をつけるべく打ち合いに挑む。ダメージは大きく、さらに倒れたハリッド、次のパンチを浴びたところでレフェリーが止めた。

 いやあ、相変わらず危ないんだが、素晴らしい盛り上がり。さすが名勝負製造機でした。
 まずはカラエフ決勝トーナメント進出! お母さんのご冥福をお祈りいたします。


▼第2試合 FINAL16 K-1ルール 3分3R延長2R
ジェロム・レ・バンナ(フランス/Le Banner X team Team/昨年第3位)
VS
澤屋敷純一(チームドラゴン/昨年ベスト8)

 因縁の再戦。
 正面から詰めるバンナ、ワンツーからミドルにつなげ、澤屋敷をコーナーまで追い込む。ロー、ミドルを打ちながら回り続ける澤屋敷、カウンターも狙うが、バンナはお構いなし。今日は左がよく伸びていて、下がる澤屋敷の鼻っ柱を捉える。
 2ラウンド、詰めるタイミングに合わせて出されていたローが効きはじめ、バンナの出足がやや止まりはじめる。近距離でもバンナのパンチを外し、スピードを落とさない。手数の止まるバンナ。だが、ラスト10秒の拍子木から不意に動いたバンナ、ハイキックでぐらつかせ、パンチのコンビネーション。澤屋敷もガードはしてたんだが、腰が落ちた後にパンチをフォローされダウン。うーん、バンナはちょっと三味線弾いてたか?
 3ラウンド、やや近い距離ながら作戦は変えない澤屋敷。ダウン取ったバンナもペースを変えないため、ほぼ同じ展開が続く。
 判定はバンナ。いや〜、ダウンがなければ、バンナはもう少しあせっていたかもしれんが……。澤屋敷にもう少しフィジカルがあれば、展開はまた違っていたかもしれない。でも、これが正しい日本人の戦い方だよなあ。


▼第3試合 FINAL16 K-1ルール 3分3R延長2R
グーカン・サキ(トルコ/チーム・レベル/USA GP優勝者)
VS
レイ・セフォー(ニュージーランド/レイ・セフォーファイトアカデミー/推薦)

 セフォー、114キロ……。
 サキはローの空振りが目立つ。こりゃあ距離が合ってないか? プレッシャーをかけて距離を詰めていくセフォー、サキがローを打つ前にパンチの距離まで行き、そのままロープまで押し込む。サキは回り際もローを狙いたいところだが、もう一発が出ない。
 距離感が合わないまま、サキはコンビネーションも出せず単発のロー。しかし、ペースを握るべきセフォーはどんどんスタミナが落ちていく。詰めて連打すれば確実にダメージもポイントも奪える場面でも、単発のフックかワンツーのみ。
 終盤、サキがやや手数を出すのだが、勝負は延長へ。もはやセフォーは力が残っておらず、バランスを崩す。しかしサキもアクセルがかからないまま、試合終了。
 延長判定はサキ。しかし歯がゆい展開だったなあ。もう少しハードに攻めていればサキはもっとダメージを与えられたろうに、カウンターを怖がったか? ちょっと期待外れ。


▼第4試合 FINAL16 K-1ルール 3分3R延長2R
グラウベ・フェイトーザ(ブラジル/極真会館/昨年ベスト8)
VS
エロール・ジマーマン(オランダ/ゴールデン・グローリー/EUROPE GP優勝者)

 おお〜ジマーマンきれいなパンチ打つなあ……。しかしグラウベもフックの間隙を縫って強烈なミドルとローをクリーンヒットさせる。これは後々効いてくるだろう……と思ったら、パンチのコンビネーションでグラウベが徐々に棒立ちに! 至近距離での身体の圧力がすごいのか、ステップの使えないグラウベは距離をキープできない。フックを浴びまくったグラウベは、ついにスタンディングダウン。返す蹴りにも切れがない。
 かさにかかるジマーマンは、さっきのきれいなパンチはどこにいったのやら、強烈な右一辺倒。2ラウンドもグラウベはふらふらとダウン。つええ〜。
 これはこのままジマーマン圧勝かと思ったが、ちょっと攻め疲れたか気持ちが守りに入ったか、3ラウンド終盤、ハイキックを当てながらもグラウベの逆襲を許す。ここらへんはサキと並んで今後の課題かなあ。
 グラウベは昨年のハリッド戦の展開を逆になぞった感じ。敗れはしたものの、首の皮一枚来年につながったか。


▼第5試合 FINAL16 K-1ルール 3分3R延長2R
レミー・ボンヤスキー(オランダ/チーム・ボンヤスキー/昨年第3位)
VS
ポール・スロウィンスキー(オーストラリア/チーム・ミスターパーフェクト/推薦)

 レミーは111キロ……!? 脂肪のかけらも見えんけど……。で、この身体で飛んでくるの……?
 距離を縮めてパンチからのコンビネーションを狙うレミー。スロウィンスキーも打ち返すが、零距離射程のハイキックを駆使し、変則のパンチをねじこむレミーの方がやや分がいい印象。
 しかし今日のスロウィンはクリーンヒットは許しておらず、決定的な差がつかない。
 3ラウンド、激しい攻防が続く中、レミーが足を止めてコーナーに下がる。亀になって連打を浴び続けるレミー! まさかの逆転か? しかし凌いだレミーは再び反撃に転じ、やや打ち疲れたスロウィンを押し返す。
 判定は2ー0でレミー。数字以上に際どい内容で、ここでも世代交代かと思ったぜ。いくら増量してもパンチの一発はないし、やっぱりぎりぎりの距離からフライングミドルを連発するスタイルの方がいいなあ。


▼第6試合 FINAL16 K-1ルール 3分3R延長2R
エヴェルトン・テイシェイラ(ブラジル/極真会館/JAPAN GP優勝者)
VS
武蔵(正道会館/推薦)

 テイシェイラ、ちょっと体つき変わったか?
 ローとミドルの距離感もまた多少良くなったか、中間距離から蹴りを飛ばすテイシェイラ。一ラウンドは距離を取った武蔵だが、2ラウンドからは反撃に転じる。しかしテイシェイラの圧力をいつものクリンチワークで捌いたはずが、まさかの注意、警告、イエローカード! は、はええーっ! アンチ武蔵さえもが愕然とする厳正さ。こ、これが本当の姿なのか!? それともテイシェイラの新たな能力!?
 打ち合いに挑むSIOだが、ミドルもフックも通用せず、パンチのディフェンスも攻撃とはっきり分かれ過ぎで効果が薄い。勢いに飲まれるSIO。それでもパンチの有効打も当てたのだが……。
 イエローで減点1、3ラウンドも取ってテイシェイラ圧勝。とにかく日本人とはフィジカルが違い過ぎる。
 決勝では外国勢と初の激突となるが……?


▼第7試合 FINAL16 K-1ルール 3分3R延長2R
バダ・ハリ(モロッコ/ショータイム/昨年ベスト8)
VS
チェ・ホンマン(韓国/フリー/昨年ベスト8)

 おお、ホンマン痩せてるよ。これはホルモンの分泌量の関係か……?
 バダ・ハリはジャブローから顔面狙い。しかし届かん! 無理すんな〜、ロー蹴れって!
 2ラウンド、顔面にリーチのあるパンチを延ばしたハリだがホンマンの振り回しパンチが直撃! あらら〜? 尻餅をつくハリ。ダウン!
 あ〜あ〜、予想される最悪のパターンにはまったじゃあないか。このまま顔面狙いに固執すると負けるぞ……?
 しかしケツに火がついたバダ・ハリ、ようやく小器用なところを見せ右ボディに集中砲火開始! 見る見るうちにガード下がるホンマン! な、なんとかこのラウンド取りかえしたか?
 判定は1ー0ホンマンでドロー! ここで肋叩き折られていたホンマンサイドにストップがかかる。
 いや〜、何もしてないのに勝ちそうになるんだから、ホンマンというのも恐ろしいね。しかしハリも、1ラウンドロー、2ラウンドボディと散らして攻めていけばもっと楽に勝てたかもしれないのに、ちょっと気張り過ぎたか。親父にいいとこ見せようとしたのかな。


▼第8試合 FINAL16 K-1ルール 3分3R延長2 R
セーム・シュルト(オランダ/正道会館/昨年優勝)
VS
ピーター・アーツ(オランダ/チームアーツ/昨年準優勝)

 さあて、いよいよだ……。
 いきなり前進するアーツ、シュルトはジャブで迎撃。しかし被弾しても下がらないアーツは、上狙いなのに打ち下しの右ストレートと左フックを狙う。右ローも蹴りつつ、とにかく強引に詰める!詰める! 一瞬たりともシュルトさんの膝の距離に入らない。ジャブ、前蹴り、ちょこちょこ当てるシュルトさんだが、大きなダメージには至らず。
 それでも押し返し、きっちりダメージは与えイーブンの展開が続く。
 最終ラウンド、同じく突っ込み続けていたアーツだが、ラスト一分、出入りを始める。シュルトさんの手が止まった! 強引なパンチも回数が増えて自然とヒット。
 判定は2ー0でアーツ!
 終盤クリンチで逃れた、マウスピースをはいてしまったことなどを含めても、正直1ポイント差をつけるようなラウンドはなかったと思う。3ラウンドが延長ラウンドマストシステムならば、間違いなくアーツだったと思うが、もう1ラウンドあっても良かったんではないか?

 ……ま、いっか。
 これで決勝進出者は、

アーツ
ハリ
テイシェイラ
ボンヤスキー
ジマーマン
サキ
バンナ
カラエフ

 うーん、フレッシュすぎて怖いね。さて抽選会はと……あ? あれ!? あれれれれ!?

 こ、こら〜! 抽選会放送しろ〜!!

 人気blogランキング参加しています。
 よろしければ御協力下さい。

拍手[0回]

PR
無題
私も早番みたっす。
バダ・ハリは危なかったすね。終始ポイントとっていたとはいえ、フラッシュダウン一発で負けかねないのがK-1なんで。試合自体はホンマンが相手だとどうしても大味になるなという印象です。ただホンマンあれだけボディ効かせたのはやっぱすごいなの一言。巨人系には腹は効かないという定説を覆してくれたw。今回のでひとつ巨人は腹から下すwという新しい理論が生まれました。まあこんなこつできる奴は他にいんけどねw。

スロウィンは相性的になかなか善戦してくれたかな・・・。同じ蹴りの選手で精密さとショートのパンチオンリーのスロウィンはレミーにとってはわりと手こずる感じでしたが、それでも自力の差と老獪さで最後差をつけた感じ。スロウィンはレミーが止まったとき効いてた奥足を蹴ってればもう少し善戦できたかな。ただそこが経験の差か。

ジマーマンはドッタンバッタンしてる割りにはまっすぐなストレート打ったり、ガードを手で直接こじ開けたりと意外なうまさとクレバーさをもってましたが、やっぱ粗い。それでもゴリラみたいなパンチかまして力づくで相手をねじ伏せる強さは本物ですね。所々前腕ラリアットしてるのが気になったけどw。この辺は当て勘のいいレミーみたい。ただサキとともにどうしてもスタミナが気になりました。

アーツの勝利はどーもしっくりこねえですね。まあ確かにシュルトはジャブとか小技しか当ててないし、アーツがつっこんできたから組まざる得なかったとはいえ組んでしまったwということを考慮に入れても、その小技でアーツのクリーンヒットよりもダメージ与えまくってたわけで、アーツの勝ちはないかなと・・・。ダメージ差見て明らかだし・・・。まあそのおかけで決勝がすごく楽しみな顔ぶれになってくれたわけですがw。

Commented on 2008/09/27 Saturday 23:40:21

by キング・モー | コメント編集

>キング・モーさん
毎度! キング・モー勝ちましたね、どうでもいいですか。

バダ・ハリのボディ鮮やかでしたね! 私も翌日ジムで8センチほど大きい人とスパーしたんですが、パンチが全然当たりませんでした(笑)。
すごい柔らかいボディーワークから打ってて、ぞくぞくしましたね。あれも金取れますね。

スロウィンは良かったですね。奥足もけっこう最初から当たってたし、やっぱり後半ちょっと忘れてたのかな〜。あの棒立ちのシーンで蹴ってれば、確かに相当効いたかもですね。レミーのねばりはさすがというか……。でもあのねばりが出たというのは、今回悪かったなりにも調子は良くなってるということなんでしょうね。

ジマーマンはあれで精度が上がれば、すごい選手になりそうですね〜。もっと早めに決めるだけの正確さがあれば。器用さと荒さ、闘争心と弱気さ、今回はいろいろなものが見られた感じですが、また次は変わってそうな気もします。

シュルトはやっぱり本戦ならドローかな〜という感じですね〜。ジャブだけで沈んでいった選手がいっぱいいる中、あの程度の効きではダメージと取られなかったか、つかみの対応もオセアニア大会の時よりは良かっただけに悔やまれますね。
しかしあの突進をいなす、あるいは前蹴りとジャブ以外の方法で止めてしまうとしたら何ですかね? まあそれが必要なのは対アーツだけなんですけど……。

Responsed on 2008/09/29 Monday 20:07:50

by ルシフ@管理者

シュルトVSアーツ
アーツ戦をドローにした岡林氏は、ジャッジングは比較的適切だと思います。
(クラウスVSザンビディスはザンビにポイント入れてました)
アーツは、かけ逃げで減点されドローになってもおかしくなかったと思います。
明らかに、シュルトより回数多かったですし。

k-1ルールより
「第4項 攻撃を伴わないホールディングや技の掛け逃げが度重なり、消極的であると判断された場合、主審は注意、警告、減点をとる。これに関しては、注意2で警告1、次の注意で減点1となる。なお、技の掛け逃げとは、攻撃の後すぐに相手に組み付き、または攻撃の直後に自ら倒れ込んで攻防を意図的に中断してしまう行為をいう。」

あと、頭を低くして再三懐に飛び込む行為も反則なんですねどね。片方にだけ注意が行くっていうのが、ちょっと。

Commented on 2008/09/28 Sunday 11:56:34

by ラビット | コメント編集

>ラビットさん
しかしいろいろ考えましたが、「ジャブのカウンターを数発被弾しながらも突っ込んで、自らも顔面パンチを当てている(当てようとしている)」選手に対して、「掛け逃げ」とのレフェリングは、厳密に取ればそうなるとしても、現実問題として適用できないと思いますよ。姿勢として「消極的」とは取れませんから。
それと、

>頭を低くして再三懐に飛び込む行為

これもアーツVSサップの時のタックルのような行為を規制するルールで、アーツはむしろ顎上がりそうなぐらい顔あげてパンチ振りかぶってましたから、やはり適用しづらいでしょう。

それでも、せいぜいドローの内容だと思いますが。ただ、ラウンドごとの採点で1ラウンド、2ラウンドを完全なイーブンと判断したらば、ややアーツ有利に傾いた3ラウンドに差をつけるというのは、ぎりぎりわからないでもないです。僕の見た感じではそれでも3ラウンド0.5ポイントアーツ、むしろ1ラウンドなんかは0.5ポイントシュルトという印象ですね。

Responsed on 2008/09/29 Monday 20:21:00

by ルシフ@管理者

無題
読まさせていただきました。
応援ポチッ!!!

Commented on 2008/09/28 Sunday 14:20:13

by サトシ | コメント編集

>サトシさん
ありがとうございます。
格闘技関係でサトシというと、やっぱり野良犬ですねえ。

Responsed on 2008/09/29 Monday 20:22:25

by ルシフ@管理者

無題
トーナメントは、新しい面々とベテランが上手く配分されたメンバーになったと思います。
ただ、若手の面々はどこかブレイクできていないというか・・・昔のフィリオやサップのような鮮烈デビューを期待するのが酷なのでしょうかね。
地区予選上がりのメンバーが上がってきたことは、ギダやスポーン、ヤヤ等の他の若手選手達にとっても励みになりますし、時代は確実に動いていると思いますね!邪魔な(失礼)ソルトはいないし決勝は面白くなりますよ!

Commented on 2008/09/29 Monday 12:17:39

by 銀玉 | コメント編集

>銀玉さん
ベテラン勢も、結局トップの実力を保っている選手が残ったということですね。
ジマーマンとサキは今回ちょっと弾けそこねた感じですが、でもこの二人にはフィリオなんかのような競技破壊的側面がないし、本来その役割のはずのテイシェイラもいきなりK-1スタイルですからね。でも地区予選から地味に勝ちあがってきた彼等の方が、長期的に見たら成功する可能性は高いと思いますし、それでいいんじゃないでしょうか。
決勝は生観戦ですね? レポートも期待してますよ。

Responsed on 2008/09/29 Monday 20:28:00

by ルシフ@管理者

この記事にコメントする







  Vodafone絵文字入力用パレット表示ボタン i-mode絵文字入力用パレット表示ボタン Ezweb絵文字入力用パレット表示ボタン

この記事へのトラックバック




リラックマ
明日はきっと晴れますよ
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カウンター
最新コメント
[01/13 銀玉]
[01/13 ゆずマシュマロ]
[12/28 サムグレ子]
[12/28 ゆずマシュマロ]
[12/27 887-8798]
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析

AdminControlMenu: AdminMenu | NewEntry | EditComment | EditTrackback

忍者ブログ [PR]