忍者ブログ

                                          堕天使のコロッセオ

<< | 2017/06 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 | >>

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2009/3/28 K-1WGP横浜 試合感想

 ども~。
 当日は従姉妹の結婚式から仕事というハードスケジュール。一回帰宅して、前田VSマヌーフ、サキVSスポーンだけ見てまたお出かけ。帰ってからようやく続き見られましたよ~。

 人気blogランキング参加しています。
 よろしければ御協力下さい。
▼第1試合 第2代K-1ヘビー級王者決定トーナメント1回戦 3分3R延長1R

メルヴィン・マヌーフ(オランダ/マイクスジム)

VS

前田慶次郎(チームドラゴン)

 ん~、マヌーフはカウンターを警戒したか、慎重な立ち上がり。前田も距離を測り、徐々にマヌーフが詰めて行く、というおなじみの展開だったのだが。
 フックが頭に当たり、ややふらついた前田に詰めたマヌーフ、カウンターのストレートを浴びて撃沈~!
 ありゃりゃ。しかし前田は危ないんじゃないかというぐらいダッキングしてて、にわかフック対策。対するマヌーフもヒザなど突き上げて見せて、意外に小器用なとこを見せたんだが、その慎重さが仇になったかなあ。綺麗に顎の先端を打ち抜かれ、これは立ってられんわ。合わされたフックもいささかコンパクトさに欠け、どうもあまり出来は良くなかった感じだなあ。
 前田の最後のストレートも、完璧に狙って打ったというよりは、うまくいい位置に当たった感じだろう。ただ、ラッキーパンチではなく、幸運ではあってもやはり練習を重ねた上で呼び込まれた一撃であったことに間違いはあるまい。


▼第2試合 第2代K-1ヘビー級王者決定トーナメント1回戦 3分3R延長1R

タイロン・スポーン(スリナム/ブラックレーベルファイトクラブF.F.C.)

VS

グーカン・サキ(トルコ/チームレベル) 



 プレッシャーをかけるスポーン、下がるサキ。サキのローを寸前でかわすスポーンの制空権維持がすげえ。しかし、スポーンのヒザもいつものごとくグッサグッサとは刺さらんではないか。スポーンが圧してるのは間違いないんだが、下がってもスタイルを維持できるのがサキ。ぎりぎりの間合いの取り合いが3ラウンド続き、そのまま延長へ。余力があるのはスポーンか……。
 しかし……あれっ!? 延長ラウンドに撃沈したのはスポーン! カウンターの右がズバリ当たってしまった。スポーンの右は頭下げてかわされ……うーん、残念。新星はインパクトを残せず。しかしながら、ちょっとまだK-1スタイルとは言えなかったなあ。あまりにも技術戦やりすぎというか……。打ち合って先に一発ビッグヒットを当てれば1ポイント取れる採点の中、いささかテクニカル、ディフェンシブ過ぎた感じ。


▼第3試合 K-1ルール 3分3R延長2R

セーム・シュルト(オランダ/正道会館/K-1スーパーヘビー級王者)

VS

ヘスディ・カラケス(エジプト/パンクレイション/チャクリキ)



 倒れない~! カラケスはほぼ何も出来なかったんだけど、しかしさらに速度を増したレンガジャブに対して踏みとどまってみせたタフネスがすげえ。次はグラウベあたりとやらせてみれば。
 シュルトさんは相変わらず無敵だな……。インファイトのテクニックもちょい上がってる感じ出し、これはもう去年のアーツでも厳しいんじゃないか? WGPに出したらまた優勝されてしまいますが……。


▼第4試合 K-1ルール 3分3R延長2R

ジェロム・レ・バンナ(フランス/Le Banner X tream Team)

VS

エヴェルトン・テイシェイラ(ブラジル/極真会館)



 やっべ、右ミドル速い! ちょっとまたパンチが短くなった感じだが、かつての石井館長の「空手家はもっと蹴ってくべきなんですよ」という言葉を思い出したなあ。強烈なミドルがバンナの左腕を攻める。が、右ストレートからの右ミドルのコンビネーションは、距離が短すぎて当たらず。ん~、ここはローの方が良かったと思うが、空手には腿に落とすローはなかったっけ?
 バンナはちょっと蹴られ過ぎで、手が少ない。しかし、テイシェイラも2ラウンド以降、蹴りの数も減ったし、パンチで詰める場面もなく、いささか慎重すぎたかなあ。延長まで行かずとも攻勢をもぎ取れそうな場面はあっただけに、歯痒かった。まあ経験不足か……。
 延長を制したのはテイシェイラ。きわどい勝負で、なかなか面白かったが、まだまだテイシェイラが上に行くには時間がかかりそうだ。


▼第5試合 K-1ルール 3分3R延長2R

澤屋敷純一(チームドラゴン)

VS

グラウベ・フェイトーザ(ブラジル/極真会館)



 澤屋敷、表情険しいなあ……。気合い入ってるのか、テンパッてるのか……?
 蹴りの距離に留まるのは危険と、打ち合いに出る澤屋敷。出入りを激しくし、いい角度からフックを当て込んで行く。ローまでつなげるコンビネーションが、結構当たってるな。しかし、グラウベももらってるなりに対応し始め、きっちり顎も引いてダメージを感じさせない。澤屋敷は蹴りは上手く外してるんだが、応酬の中、左ジャブの直撃を受けよろめく。運動量が落ちたところに、さらに左でダウン。
 ん~、やっぱり打たれ弱くなってるよなあ。空手家の突きで、なおかつグラウベなんだから、それは大した威力なんだろうが、そうは言っても左ジャブ。これで完全に効かされて倒されてしまうようでは……。さらに右フックでダウン。そして次のラウンド、またもカウンターで左ジャブを浴び、辛うじて立ち上がったところでタオル投入。序盤に多用していたステップがダウンで鈍り、最後はほぼ正面から入ってしまった。
 ん~、タオル投入は実に正しい判断としか言いようがない。で、当人は引退を示唆。ここまで5連敗で、4つKO負け。いったい何回ダウンしてるんだ、という感じで、しかも全部効いたダウン。せっかくのヘビー級戦線にもまったく絡めず、体格差のあるパワーに圧される展開が続いている。引退とは言わずとも、しばらく休養しなければ本当に危ないだろう。ジャパンGPに出ても、野田あたりにさえ捕まりそうだ。


▼第6試合 K-1ルール 3分3R延長2R

ピーター・アーツ(オランダ/チーム・アーツ)

VS

エロール・ジマーマン(キュラソー島/ゴールデングローリージム)

 ええ……なに、このアーツの絞れようは……? ちょっと引いたわ……(笑)。おまけに動く動く。太ってるのに微妙に距離を調整するあの動きが好きだったのだが、この日は速い速い。もらってるのに全然運動量落ちないし、動きも良くてジマーマンの打撃も良く見えてる。飛び蹴りも全部先に反応してたし……。特に呼吸を外してガード解くとこは鳥肌もの。いや、確かにこの一瞬は絶対パンチ来ない、という間合いで腕下げてるんだが、自ら誘ってそのタイミングを作っているようにさえ見える。これが……キャリアか……。クリーンヒットによるダメージではややジマーマンかと思った本戦だが、延長ではローを効かせ優勢に。スリップが危なかったが、判定勝利。
 アーツ恐るべし。これは、開幕戦はアリスター戦でどうですか(笑)。ジマーマンも、もっと失速するかと思ったが根性見せた。これだけ強打当ててるのに凌がれたら、心折れそうなもんだが……。次はバンナとかとも見たいな。


▼セミファイナル 第2代K-1ヘビー級王者決定トーナメント決勝戦 3分3R延長2R

前田

VS

サキ

 ん~、サキ、やっぱちょっとスタミナきついかな~。対する前田は元気だ……。これは……まさか……。前田はインロー、サキも痛いはずの足でローで応戦。お互いカウンターは空を切らせ、ジリジリするような技術戦が続く。んあ~地味だが面白いよ。まあこれを見たけりゃMAXを見るよ、という説もあるのだが……。
 お互いちょっとずつ失速していくが、やや有利なのはやはり前田。ロープに詰めてブロックさせてのワンツースリーフォー、全部ストレート系! え、えげつない……ガード破れんのはわかってて、カウンターを打たせず攻勢点だけ取ろうという攻めか……。さすがのサキもブロックするしかない。しかし前田も崩れないなあ。カウンターのフックかわしたぎりぎりの場面とか、バランス崩したらローのフォローをもらってたろうが、常にステップし続ける。
 延長にもつれこむも、この攻めを維持した前田が僅差で振り切って勝利! いや……正直、素晴らしい内容とは言い切れないが、それでもマヌーフとサキを退けての戴冠、層が薄いとはいえ、ヘビー級のトップまで上がって来たのは間違いない。歴史は、動いた……! 今日の堅実な攻めが、フックとアッパーで真っ向勝負をかけた澤屋敷と明暗をわけたのは、皮肉なものだな……。
 やっぱりトーナメントの綾で優勝した感は否めない。おととしみたいに次の大会と2回に分けたら良かったんだろうが、それをやらなかったのは結局、大会の予定が立っていないか、予定は立ってるけどテレビ放送の予定がない(王者誕生の瞬間が放送されない)からだろう。おそらく放送されるであろうジャパンGPまで引っ張ると、前田が予選に出られなくなる。色んな思惑が絡んだ苦肉の策だったんだろうが、こんなことやってるうちはまだまだだねえ。


▼メインイベント K-1ルール 3分3R延長2R

レミー・ボンヤスキー(オランダ/チーム・ボンヤスキー)

VS

アリスター・オーフレイム(オランダ/ゴールデングローリージム)



 あれ……ローが出ないぞ……。
 開始早々、いきなり飛びヒザを狙うなど、アリスターはイケイケモードが続いている。いやな予感が当たり、迎撃するレミーはプレッシャーに圧され、ローまでつなげられない。コンビネーションが出ず、組まれて押される展開から、強引にパンチをねじ込まれる。ブロックしているし、綺麗な打撃は全然もらっていないのだが、2ラウンド辺りから失速。投げ倒される場面も増える。後頭部打たないようにレフェリーのフォローが入る場面も増える。こりゃだめだ、2ラウンドは取られたかな、とも思ったが、イーブン。これはややひいきだな(笑)。
 しかしレミーは全然動けてない。アリスターはスタミナ切れを起こすかと思っていたのだが、ここまで自分のペースで悠々と進めてれば、まったく疲れないんじゃないか? 組み際のパンチでレミーがぐらつき始めたのを見れば、なおさらだろう。
 こりゃだめだ、まだバダ・ハリの方が一発当たれば、可能性があったんじゃないか……と思いはじめ、敗色濃厚の3ラウンド終盤。入って来たアリスターに最後の切り札、打ち下ろしの右直撃~! で、出た! 2004年ボタ戦、2006年レコ戦、敗色濃厚な展開をひっくり返したレミー・ボンヤスキーの「いつもの魔法」である。彼はアクターなんかじゃない! マジシャンだ……! 強運というかなんというか、彼を3度の王者に導いたのもこれなんだよな。どんな時でも最後に帳尻を合わせ、全てを消し去る魔法の力!
 あとは必死で逃げ切り、オスカー像を突っ返して得意満面のレミー! 正直ギリギリだったが、この不思議な不思議な魔法を打ち破れるのは、この世にシュルトさんしかいないんだよ!

 試合後インタビューで膝痛めてたのを告白。ん~、結局、主催者はアリスターが勝ったところでなにも困らんのだから、結果論で考えないなら逃げたと言われても辞退すべきだったと思うが(そこでバダ・ハリが名乗り出ると……(笑))。しかしそれでも勝つのがレミー・ボンヤスキーなのだ! 
 が、しかし蹴りが使えないと、ここまで苦戦するのか。策としては、下がって下がって蹴りまくる作戦が使えない時点で、組まれたら圧力負けする展開は予想しとかんといかんなあ。そう考えると、今回のレミーが本来とるべき作戦は……最初から打ち合う! これだったんだな。ゴン格でも「ヨーイドンで打ち合えば互角」と言ってるじゃないか。「互角」なんだから勝負すれば良かったんだよ。ハリとはガードのテクニックも違うし、あの見づらい打ち下ろしパンチで勝負すれば、逆にアリスターが面食らった可能性もある。実際、そんなにパンチが速いわけでも巧いわけでもないんだし、結果だけ見れば打たれ強さもなかった。最初からパンチで打ち合ってれば良かったのに。それが出来なかったのは、気持ちでも押されていたということだ。
 ……こう考えると、ほんとにレミーはよく勝ったものだ。ただ、それでも勝つのがマジシャンだ!

 しかしアリスターは惜しかった。総合に戻ると言ってるし、今回も実質勝ちに近い内容、K-1挑戦では充分過ぎる活躍をしたんだから、本人としても本業に専念したいところか。でも、せっかくだから開幕戦、アーツ戦とかどうですか。

 めちゃめちゃ面白かったわけじゃないけど、それなりに今後につながる展開もあり、見所もあった大会でした。
 はよ次の日程も発表してくれ。

 人気blogランキング参加しています。
 よろしければ御協力下さい。

拍手[0回]

PR
無題
 しょっちゅう書き込んで最近ごめんなさいという感じの自分ですがw、相も変わらずおもしろい記事かかれているんで止まりません・・・ごめんなさいw。
 
 レミーはマジシャンには笑いました。確かに、どんな逆境でもパンチャーでもないのに一発で勝ってしまうレミーはマジシャン。さすがはマジシャン谷Pの弟子といったところでしょうかw。師匠に嫌がらせばっかしてる最低な弟子ですがw。ただレミーには出る以上はっきり実力差を見せつけてほしかった・・・。万全の状態で再戦が見たいところ。が、アリスターはやる気無し。でもだからといってあの身体では日本以外で何度もやるのは難しいし、結局強権発動でやらされるか?個人的にはバンナとのガチガチの試合が見てみたいですが。

スポーンはまあ確かにK-1向きの試合してませんでしたね。まんまキックボクシングといった様相。まあそれが彼のおもしろさではあるんですが、その辺は谷Pが言ってたペトロシャンもかぶってる感じ。期待してた膝もなかなか入れられなくて、結構見てた自分ももどかしかったです。サキはショートを強振してくるので、インじゃ巧く攻められないし、アウトだとローとハイが飛んでくる。普通の選手ならカット防御でどうにかなるんですけど、ヘビーに適応できてるサキの攻撃は重いからなかなか思うようにいかない。逆に前田は当てさせなかったからパワー負けしなかった、その辺が対照的だな~と思いました。スポーンはこれからどうしたらいいんだろう、体格かパワーか、それとも戦い方なのか・・・う~む。
 前田はストレートをガードの上からまたは打ち終わり打ち込むことで、相手を常に嫌がらせる嫌らしい戦い方。ノーモーションストレートの連打って倒しきれないんですが、リスクが少ない上に、やられる方は凄く嫌なんですよね~。特にフッカーにとっては。あとミドルもよかったですね。ストレートで防御態勢の相手に無慈悲にミドルで嫌がらせw。これでローがもう少し出たらもっといいかも。ただ今回はローに固執しなかったせいで逆にカウンター狙われずうまくいった感じ。
ヘビーは前田が勝ち続けられるとは思えないですが、勝てる可能性が高い日本人が出てきたと言うことでそれなりに盛り上がるんじゃないかな~と予想。スポーンが負けたせいでもう一人の巨頭コーベットがますます見たくなりました。通用するかな~、スポーンと違ってナチョラルライトヘビーで元々92㎏くらい・・・パワーはある、しかしやっぱヘビーに比べると若干細い感じもしないでもない。う~ん、バルラック圧倒してるから通用するとは思うんですが・・・。

 アーツは・・・やけに気になるのが、あんな固そうな姿勢で、なんであんなハイ蹴れるんでしょうね。ミルコはまあ、なんだかんだで普通に蹴ってるからそこそこ威力があるのはわかるんすが、あの固くて体勢の悪いハイがなんで大砲みたいな威力・・・。ミルコは理論通り蹴って威力出してるのに対して、アーツのは才能的なものなんでしょうかね。威力だけなら格段に違うし、ハイであれ以上の威力出せるのは規格外のシュルトくらい・・・。あと相変わらずの、ガードの甘さがちと気になりました。
 ジマーマンは基本テクに変則が混ざってなかなかいい戦い方ですが、もう少し数を蹴れるようになった方がいいかなと。もっと蹴っていけばパンチも当たるんじゃないですかね。戦い方も久しぶりに安心できる選手なので、バダとは逆にもっと攻撃面を磨くといいかもです。

そういえば今年はオランダでやらない分、ついにスウェーデンでやるんでないかと谷Pがいっとりましたね。EUにてもっともK-1が定着してくれた国でやってくれるのはうれしてところ。やっとかって感じです。しかし、あの国はドーピングに厳しいんだよな~・・・。たしかクルトも刑事罰喰らいそうになっていたような・・・。

Commented on 2009/04/01 Wednesday 20:48:43

by mo | コメント編集

>moさん
 いや〜、記事のアップもレスも遅くてすいません。気にせずに書いちゃってください(笑)。

 レミーはアターエフ戦みたいな快勝を期待したんでしたが、良くなかったですね。
 あの試合のアターエフはちょっと綺麗にやり過ぎた感じでしたが、ハリトーが来たとして、アターエフみたいな感じになるのか、アリスターぐらいにやるのか、ちょっと気になるところです。
 谷Pは武蔵VSハリトーと言ってたのが気になりますが……。

 スポーンは今後どう方針転換するんでしょうね〜。
 ここまで上げてきたんだから、もう少し体格アップが流れとしてはいいと思うんですけど、今回のKO負けでよりディフェンシブになるような気も。でも、もっとボディにガンガンにヒザ突き刺して欲しいので、もう少し詰められるようにやっぱりパワーアップですかね。

 で、スポーンVSコーベット、海外で決まったと言う話ですね。
 なんか観たいカードは色々と取られて行くなあ(笑)。これからの前田を活かすには、マッチメイク次第だと思うんですけど、防衛戦はカラエフなのかな……。観たい事は観たいですが、ちょっともったいない? 最近の売りの「世代交代」はまだこの階級ではないですからね〜。あ、ゲガールがいいか……。

 アーツのハイは未だにいいですね〜。堀戦なんかはタイミングで倒した感じでしたけど、澤屋敷戦とか異常……。今回もジマーマンじゃなきゃ倒れてますね……。
 ん〜、でも一瞬ためてほぼ真下から上がってきてますから、ありゃシンプルな分威力はすごいんじゃないですか。ガードもお構いなしですよね。全盛期は、崩してから打つタイミングがすごい、と言われましたが、今はまた違うのかな。
 ジマーマンも、ちょっと右に頼り過ぎですね。地味に右ミドルとスーパーマンパンチが似合いそうなんで、当たるかどうかはともかく、ちょっと使ってみてほしいです(笑)。

 オランダとフランスから外れて、スウェーデンですか……。ますます放送されなさそうな……。
 別に試合でなくていいから、ちょろっとホルムさんに来て欲しいです(笑)。

Responsed on 2009/04/04 Saturday 21:29:50

by ルシフ@管理者

無題
HAHAHA、MAXの組み合わせカードに爆笑w・・・ここまで露骨に組まんでも・・・信用されてないコヒたん。けどこれじゃ成敗できん・・・(怒)。

他の組み合わせはペトさんとリマさんがぶつからず、なかなかいいカードに。リマvsキシェンコはグッとカード・・・。
個人的にはキシェンコ、ホルッケン、ペトロシャンに上がっていってほしいかな~と。リマもいいけど、ちと戦い方がクセがあるし、年が年だからここは若い人たちにがんばってということで。
予想としちゃ
サワー
キシェンコ
ホルッケン
ペトロシャン
クラウス
佐藤
コヒ
こんな感じですか。ケストナーは未知なんで興味津々ですがさすがに二十歳でサワーは辛いかな~。
どうでもいいことですが、最近海外でよく目にするアシュケロフ。出身ロシア、国籍ドバイ、通称チンギスハーン・・・。どういう人かにゃ?

Commented on 2009/04/02 Thursday 18:57:18

by mo | コメント編集

>moさん
 ああ〜、いやな予感が当たりましたね、何が日韓戦だか……(怒)。
 ここでチビンさんの怒りの鉄拳に期待ですよ! たぶんまたローで沈められるんでしょうが……。

 先生、ブアVSジダを忘れてますよ(笑)。
 ん〜、でも、どっかで番狂わせ起きないですかね〜。ちょっと「テレビ放送向け」と「マニア向け」に別れ過ぎなのがうーん、というところです。ああ……今年も行けば良かったかな……。

Responsed on 2009/04/04 Saturday 21:33:04

by ルシフ@管理者

無題
こんちわ~、バダ・ハリ凄いっすねの一言ですw。
まあそれも凄かったんですけど、後々になって気になったのが、他の連中はみんなやけに不調じゃねって感じでした。
ジマーマンとギタは遅いしデブいし、なによりもドラゴが・・・。
なんていうか、相手のディンダーそんな強いわけでもないのに圧されまくってたし、自前の前に行くスタイルが壊れて自分から下がってたし、打ち合いになるとす単発で終わっちゃうし、逃げるし、なんかトラウマになってるような戦いぶり・・・。壮絶KOの記憶を刻みこまれちゃった感じでした・・・。
スポーンはカラチに苦戦すると思ってましたが、普通に勝ちましたね・・・インパクトもなかったけど。
やっぱ体格・スピード・リーチを持つ選手とはやり辛そうだった。
サワーはマイペース・・・。安定してる・・・。

Commented on 2009/05/18 Monday 17:07:03

by モー | コメント編集

>モーさん
いや~、バダにはぶっ飛びました。あのレンガジャブをかわしたヘッドスリップ、しびれるわ~w

他もまだちょこちょこ見てる途中です。
ジマーマンはなに完敗してんのってぐらい悪かったですね~。ボウジディもパワーついてた感じですが。
ドラゴはちょっと燃え尽き気味だったんですかね~(笑)。
あと、レコさんが完全に勝ってる内容であの結末だったのが泣けました。マヌーフもびびって入れなかったですね。
で、いまだにペトロシャンVSシャバリが見られておりません。ペトがスピードで圧倒だそうで、ぜひ見たいなあ。

チェコはイグナショフが特に何が良くも悪くもない内容で負けて、ガックリです。でも精度低かったなあ……。

Responsed on 2009/05/21 Thursday 18:30:27

by ルシフ@管理者

無題
う~む、アジア予選が速攻動画でアップされとる、早すぎ・・・。
得に興味のある試合だけ見ましたが、
グーカンの相手のバベルさん・・・・うまいの~・・・そして判定が多いわけがわかった感じです。
ネレドバとクジンに勝ってるから強いのはわかってたけど、あんなにアウトボクシングが巧いとは
違う意味で嫌らしい人でしたw。人気でなさそうw。

シングさん・・・折角の体とスピードとスタミナを技術のなさで労してる感じでした。
う~む、ロバーツさんには勝てないな~。日本よりも海外でバンバン試合して慣れた方がよさげ。
あとハートというわりには顔面パンチを怖がってる印象。

Commented on 2009/08/02 Sunday 23:06:48

by mo | コメント編集

>moさん
ロバーツが欠場しちゃいましたね〜。
せっかく国内で機会待ってるのに、このタイミングでとは……。

サキは序盤ローキック当ててたんで、捕まえるかと思いましたけど、逃げ切られましたね。
ボディ絡めてアウトボックスするとかビックリです。来年また呼んでほしいですね〜。
人気は出ないでしょうが……。

あれはハートと読むんだw 僕は「シング・しん」とか言ってました(笑)。
なんかちょっと雑な印象で、せっかくの強打も活きてなかったですね。もうちょっとバランス取れたら、バダ・ハリ……は無理か、でもけっこういい感じになるような気がするんですが。
金さんはやはり化け物でしたね……タフすぎる。

Responsed on 2009/08/09 Sunday 16:38:28

by ルシフ@管理者

この記事にコメントする







  Vodafone絵文字入力用パレット表示ボタン i-mode絵文字入力用パレット表示ボタン Ezweb絵文字入力用パレット表示ボタン

この記事へのトラックバック




リラックマ
明日はきっと晴れますよ
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カウンター
最新コメント
[01/13 銀玉]
[01/13 ゆずマシュマロ]
[12/28 サムグレ子]
[12/28 ゆずマシュマロ]
[12/27 887-8798]
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析

AdminControlMenu: AdminMenu | NewEntry | EditComment | EditTrackback

忍者ブログ [PR]